ニュース
» 2016年11月23日 21時00分 公開

山田孝之か「勇者っぽい人」求ム 塩の山に突き刺さった牛刀を引き抜ける人はいませんか?

主催は以前「あずきバー」の硬さを業務用硬度計で測定したナイフメーカー。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 岐阜県関市のナイフメーカー、ジー・サカイ(関連記事)が、塩の山に刺さった牛刀を引き抜ける勇者を公式ブログで募集しています。なんなんですか、この所帯じみた英雄伝説は。


牛刀 これが……伝説の剣……?(絶対違う)

 ブログに掲載されているのは、ペットボトルの台座に詰められた塩に深く突き刺さる1本の牛刀。その様はアーサー王伝説のエクスカリバーや「ゼルダの伝説」シリーズのマスターソードのよう……と言うには絵面が地味ですが、台座に記された「この国の帝の誕生日 伝説の勇者が現れて牛刀を引き抜き 奇跡を起こすだろう」という謎めいた文言が、牛刀を引き抜ける勇者の募集を示しています。なお文末は「かゆ うま」と「バイオハザード」風になっており、世界観を統一する気はさらさらないようです。


台座 雑に割られたペットボトルの台座に、突き刺さる牛刀

文言 勇者の到来を告げる予言。「かゆ うま」は「おかゆうまい」の意味だそうです

 実はこの珍妙な企画、同社の新製品「SABI KNIFE KITCHEN」の性能をアピールするもの。ラインアップは三徳包丁・牛刀・ペティナイフの3種でいずれもサビに強く、100日間塩水に浸けてもさびなかったそうです。これを勇者が塩から引き抜いて、さびていないことを証明するのが企画の主題。あ、想像したらかっこいいような気がしてきた。

 引き抜くイベントは台座の文言通り、「この国の帝の誕生日」すなわち天皇誕生日の12月23日開催。当日10時に自腹で同社へ来られる1人を募集しています。対象は20歳以上の勇者の血を引いてそうな人、勇者に関係が深い人、または山田孝之さん(「勇者ヨシヒコ」主演)。名指しにも程がある。


募集要項 本当に山田孝之さんを募集している

 応募方法は、住所氏名年齢等に勇者アピールポイントを添えて、11月30日必着でジー・サカイへ郵送。もし応募者皆無の場合は、勇者の母っぽい事務のおばちゃんが引き抜くそうです。つっこみどころが多すぎるトリッキーな企画ですが、認定された勇者には抜いた牛刀の現物をプレゼント。同社の気まぐれで製品が追加でもらえるかもしれないそうなので、我こそは勇者という成人または山田孝之さんは、ふるってご応募ください。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」