ニュース
» 2016年11月25日 07時30分 公開

千葉の“お絵かきゾウ”がお鼻でLINEスタンプを描いたゾウ 売り上げは自らの出産資金に

長いお鼻で描いた「OK」「いいネ」、味わいあるゾウ。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 市原ぞうの国(千葉県市原市)で暮らすゾウ・ゆめ花が絵と文字を描いたLINEスタンプが登場しました。このスタンプの売り上げの一部は、ゆめ花がママになるためのプロジェクトに使われます。

ゆめ花LINEスタンプ ぞうのゆめ花が描いたスタンプ(画像はLINEスタンプページから)

 ゆめ花は2007年生まれの9歳メス。市原ぞうの国で初めて生まれたアジアゾウで、日本生まれのゾウのなかでも最年長になります。

 ゆめ花の特技はお絵かき。今回のLINEスタンプの文字や、スマイルマーク・お花・ラブラブのゾウさんの絵柄なども鼻で筆を持って描きました。

ゆめ花LINEスタンプ 鼻で筆を持ってパフォーマンスをするゆめ花さん 器用ですね

2015年12月に公開された、翌年の漢字を書く様子

 実は日本生まれのゾウが妊娠・出産をした例はまだありません。ゾウは10代で第1子を出産するのが理想とされていますが、ゆめ花が赤ちゃんを産むためには雄のゾウがいる動物園に6カ月〜1年程度滞在しなければならず、まとまった資金が必要です。

 そこで誕生したのが今回のLINEスタンプ。売り上げの一部は、日本生まれのゾウゆめ花の初出産をめざしたプロジェクト資金に使われます。妊娠・出産の資金の一部を自分の作品で稼ぐゆめ花さん、立派です。

 11月23日には同園で完成お披露目会が開催され、お客さんの前で絵や文字を描くパフォーマンスも披露しました。プレゼントされたフルーツを夢中で食べたというゆめ花がママになる日が楽しみです。

ゆめ花LINEスタンプ 完成お披露目会の様子
ゆめ花LINEスタンプ あらお上手
ゆめ花LINEスタンプ 「フルーツうまー」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ