ニュース
» 2016年11月25日 07時30分 公開

千葉の“お絵かきゾウ”がお鼻でLINEスタンプを描いたゾウ 売り上げは自らの出産資金に

長いお鼻で描いた「OK」「いいネ」、味わいあるゾウ。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 市原ぞうの国(千葉県市原市)で暮らすゾウ・ゆめ花が絵と文字を描いたLINEスタンプが登場しました。このスタンプの売り上げの一部は、ゆめ花がママになるためのプロジェクトに使われます。

ゆめ花LINEスタンプ ぞうのゆめ花が描いたスタンプ(画像はLINEスタンプページから)

 ゆめ花は2007年生まれの9歳メス。市原ぞうの国で初めて生まれたアジアゾウで、日本生まれのゾウのなかでも最年長になります。

 ゆめ花の特技はお絵かき。今回のLINEスタンプの文字や、スマイルマーク・お花・ラブラブのゾウさんの絵柄なども鼻で筆を持って描きました。

ゆめ花LINEスタンプ 鼻で筆を持ってパフォーマンスをするゆめ花さん 器用ですね

2015年12月に公開された、翌年の漢字を書く様子

 実は日本生まれのゾウが妊娠・出産をした例はまだありません。ゾウは10代で第1子を出産するのが理想とされていますが、ゆめ花が赤ちゃんを産むためには雄のゾウがいる動物園に6カ月〜1年程度滞在しなければならず、まとまった資金が必要です。

 そこで誕生したのが今回のLINEスタンプ。売り上げの一部は、日本生まれのゾウゆめ花の初出産をめざしたプロジェクト資金に使われます。妊娠・出産の資金の一部を自分の作品で稼ぐゆめ花さん、立派です。

 11月23日には同園で完成お披露目会が開催され、お客さんの前で絵や文字を描くパフォーマンスも披露しました。プレゼントされたフルーツを夢中で食べたというゆめ花がママになる日が楽しみです。

ゆめ花LINEスタンプ 完成お披露目会の様子
ゆめ花LINEスタンプ あらお上手
ゆめ花LINEスタンプ 「フルーツうまー」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」