ニュース
» 2016年11月25日 07時30分 公開

千葉の“お絵かきゾウ”がお鼻でLINEスタンプを描いたゾウ 売り上げは自らの出産資金に

長いお鼻で描いた「OK」「いいネ」、味わいあるゾウ。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 市原ぞうの国(千葉県市原市)で暮らすゾウ・ゆめ花が絵と文字を描いたLINEスタンプが登場しました。このスタンプの売り上げの一部は、ゆめ花がママになるためのプロジェクトに使われます。

ゆめ花LINEスタンプ ぞうのゆめ花が描いたスタンプ(画像はLINEスタンプページから)

 ゆめ花は2007年生まれの9歳メス。市原ぞうの国で初めて生まれたアジアゾウで、日本生まれのゾウのなかでも最年長になります。

 ゆめ花の特技はお絵かき。今回のLINEスタンプの文字や、スマイルマーク・お花・ラブラブのゾウさんの絵柄なども鼻で筆を持って描きました。

ゆめ花LINEスタンプ 鼻で筆を持ってパフォーマンスをするゆめ花さん 器用ですね

2015年12月に公開された、翌年の漢字を書く様子

 実は日本生まれのゾウが妊娠・出産をした例はまだありません。ゾウは10代で第1子を出産するのが理想とされていますが、ゆめ花が赤ちゃんを産むためには雄のゾウがいる動物園に6カ月〜1年程度滞在しなければならず、まとまった資金が必要です。

 そこで誕生したのが今回のLINEスタンプ。売り上げの一部は、日本生まれのゾウゆめ花の初出産をめざしたプロジェクト資金に使われます。妊娠・出産の資金の一部を自分の作品で稼ぐゆめ花さん、立派です。

 11月23日には同園で完成お披露目会が開催され、お客さんの前で絵や文字を描くパフォーマンスも披露しました。プレゼントされたフルーツを夢中で食べたというゆめ花がママになる日が楽しみです。

ゆめ花LINEスタンプ 完成お披露目会の様子
ゆめ花LINEスタンプ あらお上手
ゆめ花LINEスタンプ 「フルーツうまー」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」