ニュース
» 2016年11月29日 17時00分 公開

小さな命を守りたい! 兵庫県赤穂市の「保護猫カフェ」が開業資金をクラウドファンディング中

保護猫さんとの出会いの場を作ります。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 兵庫県赤穂市に保護猫カフェ「海ねこビーチハウス」を開業するための資金調達が、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」でスタートしています。

保護猫カフェ 保護猫カフェ「海ねこビーチハウス」

 活動を進めているのは赤穂市のボランティア団体「海ねこチャリティ赤穂」。猫の殺処分ゼロを目指し、“保護猫”と“猫を飼いたい人”が気軽に出会える場としてのカフェの開業を計画しています。

 カフェでは保護・お見合い・譲渡という流れの整備や、保護猫という存在を知ってもらうための啓発活動を行います。また、猫好きの人が猫に会いに行く場所としても利用できます。

保護猫カフェ 里親希望の人も猫好きさんも集まれる場所を目指すそう
保護猫カフェ 運命の子に出会えるかも
保護猫カフェ 保護猫譲渡会の様子

 場所はデートスポットとしても人気の赤穂市御崎(みさき)地区。設計士・八木健吾氏の協力のもと、築70年の古民家を木のぬくもりを持たせた“海の家風”に改修予定です。

保護猫カフェ 眺めの良さそうな場所
保護猫カフェ 現在の店舗の様子
保護猫カフェ 海の家風に改修します
保護猫カフェ 猫カフェロゴ

 支援は3000円〜15万円まで13段階。金額に応じて猫カフェの利用券や活動に賛同した作家さんの猫グッズ、保護猫の命名権などのリターンが用意されています。

 このプロジェクトの期間は12月29日まで。All-In方式なので集まった資金は目標金額にかかわらずファンディングされ、主にカフェの改装などに使われる予定です。

保護猫カフェ 「会いに来てニャ」

※画像はクラウドファンディングサイトCAMPFIREより



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/13/news131.jpg 「なんて品の無い番組だろう」 光浦靖子、手作りした作品を笑い飛ばした番組演出にファンから怒りの声
  2. /nl/articles/1607/05/news111.jpg TBS、「行き過ぎた編集」で謝罪 バラエティー番組で出演者の姿を意図的に消すなどしていた問題
  3. /nl/articles/2105/13/news008.jpg 「子猫とは思えない」「前世はゴルゴかな?」 飼い主を起こしに来た子猫の表情が“必殺仕事人”の貫禄
  4. /nl/articles/2105/13/news014.jpg サーバーに魔よけのお札を!? 神頼みのIT企業描くギャグ漫画に「案外ウソでもない」と業界から証言
  5. /nl/articles/2105/12/news162.jpg 「USB 3.0機器はゆっくり差すと2.0、素早く差すと3.0として認識される」って本当? →メーカー「本当です」
  6. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  7. /nl/articles/2104/30/news103.jpg TBS「クレイジージャーニー」“ヤラセ発覚”から1年半ぶりに復活 「めっちゃ嬉しい!」「レギュラー復活を」と喜びの声あがる
  8. /nl/articles/2105/13/news105.jpg 【ぞっとする実話】泥酔したとき友だち面したおじさんに連れていかれそうになるも、介抱してくれた人が放った一言で見事に追い払った
  9. /nl/articles/2105/13/news015.jpg なぜ猫は何年たってもかわいいのか?→“猫に記憶を消されている説” 飽きない理由を描いた漫画に「すげえ納得した」の声
  10. /nl/articles/2105/12/news019.jpg トイレから戻ったら「猫がオンライン会議してた」 真剣な表情で参加するエリート猫ちゃんがかわいい

先週の総合アクセスTOP10