ニュース
» 2016年12月01日 16時35分 公開

オウム「あーらよっと」 最新の研究でオウムが道具を自作できることが判明

オウム「もっとダンボールをくれ」

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 インドネシアに生息するシロビタイムジオウムが目的に合わせ道具を自作できることが判明したと、ウィーン獣医科大学が科学誌の「BIOLOGY LETTERS」上で発表しました。そんな隠れた才能があったとは。

最新の研究でオウムが道具を自作できることが判明 とっても器用

 ウィーン獣医科大学とオックスフォード大学の共同研究チームは透明な箱の中にエサを設置。箱の側面に小さな穴を開け、オウムが道具を使ってエサを取り出せるか実験しました。実験に用いられた道具の材料は「ブナの枝葉」「カラマツの木材」「ダンボール」「ミツロウ(ミツバチが作りだした天然のろう)」。実験に参加したオウムたちは必ずしもエサの取り出しに成功できたわけではありませんが、全員が「ブナの枝葉」を使った道具の作成に成功。「カラマツの木材」「ダンボール」を使った道具を作ったオウムも複数いました。ただし「ミツロウ」だけは使いこなせなかったようです。なお、詳細な実験結果は論文が全文掲載されている「BIOLOGY LETTERS」のWeb版でも確認できます。

最新の研究でオウムが道具を自作できることが判明 装置の見取り図(「BIOLOGY LETTERS」Web版より

 ウィーン獣医科大学のAlice Auersperg博士はリリース上で「材料ごとに異なる性質があり、道具を作るためにはそれぞれ異なった技術が求められたにもかかわらず複数のオウムが道具の作成に成功しました」「最も興味深かったのはダンボール。元の状態だと道具には適しておらず、オウムたちは自ら積極的に変形させる必要がありました」と語っています。

関連キーワード

ダンボー | インドネシア


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」