ニュース
» 2016年12月10日 17時00分 公開

「月刊ムー」がムー大陸風ボードゲームを監修 VRアプリの視界情報を仲間に伝えて一緒に海底神殿の地図を作る

スマホVR用の怪しい仮面が付属。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「月刊ムー」が協力・監修するという、なんともミステリアスなボードゲーム「モニャイの仮面」が発表されました。同誌が世界観のリサーチを担当し、水没したムー大陸文明のイメージを再現。仮面型のVRゴーグルを用いたスマートフォンアプリ連動要素もあり、オカルト的な怪しさが満載です。


仮面 付属のスマホ用VRゴーグル「モニャイの仮面」着用イメージ。怪しさ全開

 おもちゃや日用雑貨の制作・販売を手掛けるギフトテンインダストリが開発した、2〜6人用の協力型ゲーム。水没した「モニャイ人」の神殿を調査し、中で眠る3体の霊獣「ラパラパ」を救出するのが目的です。


フルセット 主な同梱物は神殿の地図作りに必要なパーツ群

 まずプレイヤーの1人が「モニャイの仮面(VRゴーグル)」を装着し、専用アプリ(無料でダウンロード可)を通して神殿の内部をのぞきます。神殿は水中と水上の2層構造になっており、ジャンプすることで視界を双方に切り替えられます。


水上
水中 水上と水中に視点を切り替え、全体の構造を把握する

 VR担当は身振りと言葉で神殿の様子を他のプレイヤーに伝達。全体の構造を全員が把握し、ピースを組み合わせて正確な立体地図を作るのが目的達成の第一歩です。


地図 VR担当の情報を手掛かりに、床や壁のパーツを組み合わせて地図を作る

 クリアのために付属の粘土を使う点もユニーク。VR担当はラパラパを見つけたら、その姿を粘土で再現することになります。地図を完成し、3体のラパラパを1カ所に誘導することができればゲームは成功。VR担当の説明能力と、地図担当の理解力がかみ合わないと難しく、一筋縄ではいかなさそうです。


ラパラパ ラパラパはさまざまな姿で登場。その形も再現しなくてはならない

誘導 地図を組み立てつつラパラパを誘導してクリアへ

 価格は4600円(税別)。12月10日に予約の受け付けを開始し、2017年春の発売を予定。12月11日に東京ビッグサイトで催されるゲームマーケット秋で先行体験ができます。


(沓澤真二)


関連キーワード

VR | ゲーム | ムー | ボードゲーム | おもちゃ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」