ニュース
» 2016年12月13日 08時00分 公開

落ち葉で描いたプーさんがはかなくも愛らしい イチョウで肌を、紅葉で服を表現

「風に飛ばされてハチミツ探しに」と詩的な感想も。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「君の名は。」の黒板アート(関連記事)で注目を集めた教師のはまーさん(@hamacream)が、またもや「教え子からのリクエスト」に応えました。今度はなんと落ち葉を掃き集めて「くまのプーさん」を表現。掃除も創意が加わると、こうもアートとして成立するのか!?



 黄色い肌は色づいたイチョウの葉、トレードマークの赤い服は紅葉で再現。黒ずんだ枯れ葉で、ニッコリとほほえんだ表情を描いています。ていねいに作ってもらって、プーさんもとってもうれしそう。


プーさん 落ち葉でできたニッコリプーさん

拡大図 拡大してみると……本当に1つ1つが葉っぱだ!

 「冬休みはすぐそこ。あとひと踏ん張りファイトです」と、優しい先生といった人柄がにじみ出ているツイートは4万近くリツイートされることに。「癒やされる」「目の付け所が違う」「こんな先生に習いたかった」など、好意的なリプライも多数寄せられました。



 なかには「ずっと消えないでほしい」と、落ち葉アートのはかなさを示唆する意見も。その一方で「風に飛ばされてハチミツ探しに行くのがプーさんですものね」と、ポジティブにとらえるリプライもありました。詩的っ。



画像提供:はまーさん(@hamacream

(沓澤真二)


関連キーワード

芸術 | 先生 | Twitter | 紅葉


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐