ニュース
» 2016年12月13日 21時43分 公開

難病を告白した民進党・原口議員へ安倍総理からメッセージ 党を超えた激励に「本当にありがたい」

原口議員は感激し、首相からのメッセージを病室に貼っています。

[辰井裕紀,ねとらぼ]

 12月10日、Twitterで骨の遺伝性難病であることを告白した民進党の原口一博議員。そこへあの安倍晋三総理から、党を超えた激励メッセージが送られました。






安倍首相から原口議員へメッセージ 原口議員のFacebookに寄せられた、安倍総理のコメント(※2人のやりとりを見やすくするため、一部を省略しています)

 「政治家として難病の告白は難しい決断ですが、頑張る原口さんの姿に難病に苦しむ多くの人たちもきっと勇気づけられる事と思います。ご快復をお祈りします」(安倍総理)

 党を超えた勇気と心意気のあるメッセージに原口議員は驚き、、「総理、御自ら、とても感激しました。本当にありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。日本国と日本国民のために益々のご活躍をお祈りいたします。たくさんの祝福がありますように」と返信しています。 



 実は安倍首相自身も、2007年に潰瘍性大腸炎によって首相を一度辞めざるを得なかった経験があり、同じく病と闘う原口議員を放っておくことはできなかったのかもしれません。

 現在、入院し闘病中の原口議員。実はこれまでも症状に苦しめられ、時には声も出づらく座るだけで大きな痛みが走ったそう。2年前には死の淵にまで立たされ、骨の移植やリハビリを経てカムバックしていたとか。しかも先日難病と正式に診断されるまで、長らく原因不明であり、大きな闇を抱えながらの政治生活を送っていたそうです。

 メッセージを受け取った原口議員は、感激のあまり、その安倍首相の投稿を病室に貼って、快復を誓っています。



 この他にも、同じく自民党所属である小池百合子東京都知事らからも励ましのメッセージが送られ、病魔の克服をめざす原口議員の、大きな力になっています。



※当初安倍総理の病気について機能性胃腸症としていましたが、潰瘍性大腸炎の誤りでした。お詫びして訂正いたします

関連キーワード

安倍晋三 | Facebook | 原口一博 | 入院 | 自由民主党


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響