ニュース
» 2016年12月21日 18時33分 公開

ダムファンによるダムファンのための「ダムアワード 2016」決定 北海道の金山ダムが大賞に輝く

「低水管理賞」や「洪水調節賞」など、ディープなダムファンならではの部門賞も。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 今年一番の優秀なダムを選出する「日本ダムアワード 2016」が12月18日に開催され、北海道の金山ダム(国土交通省管轄)が大賞に輝きました。北海道を襲った豪雨から、下流を守り切った働きが支持を得たと目されています。ダムファンならずとも納得できる選考。


金山ダム 大賞となった金山ダムの荘厳なたたずまい(撮影:炭素さん)

トロフィー 記念の大賞トロフィーと、各部門賞の盾。トロフィーにはダムの頂点にある「クレストラジアルゲート」がかたどられている(提供:日本ダムアワード選考委員会)

 ダムの事業者や建設業者に属さない、一般のダムファンによる選考委員会が主導し、選考を行うイベント。ダムの業界およびファンの活性化への寄与と、ダムの役割や効果の周知を目的としています。


結果発表 結果発表時の様子(提供:日本ダムアワード選考委員会)

 選考理由はあくまでも、一般参加者と選考委員の投票によるものですが、編集部は選考委の1人である萩原雅紀さんに寸評をうかがいました。萩原さんは、金山ダムが大賞となった理由を、今年の豪雨に耐えた点が評価されたのではないかと考察。特に大規模な被害が出た空知川流域をなんとか守ろうと、ギリギリまで水をたくわえた働きを評価しています。

 同イベントではさまざまな部門賞も設けられており、印象深い洪水調節を行ったダムに与えられる「洪水調節賞」は金山ダムが受賞し、二冠達成となりました。

 河川水の管理面を評価する「低水管理賞」は、「前例のないほどの渇水に見舞われた状況を、ダム職員と下流の農家の献身的な協力で乗り切った」(荻原さん)、福島県の羽鳥ダム(農林水産省管轄)が受賞。印象的な放流を行ったダムをたたえる「放流賞」には、「発電用ダムにもかかわらず観光のため特例的に放流した(※)」(萩原さん)、宮崎県の上椎葉ダム(九州電力管轄)が輝きました。

※萩原さんいわく、発電用ダムの水は発電所を通せば確実に電力を生むため、本来電力会社は1滴も無駄にしないそうです

低水管理賞放流賞 低水管理賞と放流賞の選考中(提供:日本ダムアワード選考委員会)

 ほかにも、演出のきれいな山形県の月山ダム(国交省管轄)が、臨時部門の「ライトアップ賞」、トンネル開通の瞬間を一般見学会で公開した愛媛県の鹿野川ダム(国交省管轄)が「イベント賞」を受賞。萩原さんの寸評で選考の要因を知るにつけ、ダムの大切さと魅力に気づかされた次第です。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」