ニュース
» 2016年12月23日 09時00分 公開

ボヤ騒ぎにしか見えない 「バースデーケーキに大量のろうそくを立てる」ギネス世界記録が7万2585本に更新

ケーキは消化器で鎮火した後、おいしくいただきました。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 数多くのギネス世界記録を打ち立ててきた米国のAshrita Furman氏らが、バースデーケーキに大量のろうそくを立てるチャレンジで、7万2585本のギネス世界記録を達成しました。

 Ashrita Furman氏が瞑想などを行う団体「Sri Chinmoy Centre」ニューヨーク支部とタッグを組んで行ったもの。団体創設者であるSri Chinmoy氏(すでに死去)の85回目となる誕生日のお祝いとして、100人がかりで巨大なケーキを制作し、ギネス世界記録に挑戦しました。60本ものガスバーナーを使って一斉に着火すると、ケーキの上はたちまち火の海に。バースデーパーティーよりも、ボヤ騒ぎというフレーズが頭に浮かぶ見た目です。

 火の勢いが強すぎて息で吹き消すことができないため、鎮火には二酸化炭素を詰めた消化器を使用。ケーキはろうを除去したのち、みんなで食べたそうです。


画像 85回目の誕生日祝いですが、ろうそくの本数はその約854倍

画像 ガスバーナーで着火

画像 だ、大丈夫ですか、この火力!

画像 7万2585本のろうそくが燃えるバースデーケーキ。デーモン閣下の誕生日もこんな感じになるのでしょうか

画像 あとで食べられるように、二酸化炭素で鎮火

 ちなみに、Ashrita Furman氏と同団体によるチームはかつて4万8523本という記録を保持していましたが、2016年に米国の飲料メーカー「Mike’s Hard Lemonade」が、それを上回る5万151本を樹立。今回のチャレンジ成功で世界一の座を取り戻した形になり、炎に包まれたバースデーケーキのようなアツい展開を見せています。

5万151本のチャレンジが行われた際のもよう

出典(引用):ギネスワールドレコーズ

マッハ・キショ松

関連キーワード

ケーキ | ギネスブック | お祝い


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」