冬の出勤前やドライブ前に実践したい「猫バンバンプロジェクト」とは?

寒くなると、暖を求めて猫が車のエンジンルームや車体下のタイヤ近くに入ってしまうことがあります。

» 2017年01月04日 07時00分 公開
[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 新しい年を迎えました。海外旅行に行かれる際に出かける際にワンちゃんやネコちゃんをペットホテルなどに預け、帰宅したらホテルにお迎えに行く……など、苦労も多いですね。

寒い時季は暖を求めて、暑い時季は涼を求めて……。車の下にネコは入りがちです

 そうした方はもちろん、ペットを飼っていない方も、2015年から始まった日産自動車の「猫バンバンプロジェクト」をご存じでしょうか? これは、日常で車を運転する方への事故防止の啓蒙活動なのですが、ユニークなネーミングの「猫バンバンプロジェクト」って、いったい何なのでしょうか。

2015年から始まった「猫バンバンプロジェクト」

 猫は温かい場所や狭い場所が大好きです。寒くなると、暖を求めて猫が車のエンジンルームや車体下のタイヤ近くに入ってしまうことがあります。

 それに気づかずにエンジンをかけてしまうと、猫が驚いてパニック状態になり、最悪の場合、ベルトなどの回転部分に巻き込まれてしまうことが! これは考えただけで恐ろしい状況といえますが、そうした事故はぜひとも避けたいものですよね。

 このような悲惨な事故を未然に防ぐため、冬は車に乗る前に「ボンネットをバンバンしよう!」と日産は推奨しています。これが、「猫バンバンプロジェクト」なのです。ネーミングがユニークなので、一度聞けばすぐに覚えられそうですね。

子猫なら、エンジンルームに忍び込むことが可能

 実際にJAFでも、特に冬の時季は、猫が車の中に入ってしまったことでのトラブルが多くなり、数多くの出動依頼が寄せられるそう。もちろん冬に限らず、猫ちゃんのトラブルは一年を通じてあるのですが……。

 でも、ボンネットを閉めているのに、どうやってエンジンルームのなかに入ってくるの?と思いますよね。実は、車体の下のわずかな隙間から暖を求めて上がってくるそうで、そのほとんどが子猫であるとか。

 「猫バンバンプロジェクト」の一環として、先ほどご紹介したボンネットをバンバンする方法の他、静かな住宅街では難しいかもしれませんが、クラクションを鳴らしてみるのも効果的かもしれません。

 どちらも音に敏感な猫の性質を逆手にとった方法なのですが、冷えきった道路に屈んで、車体の下を覗きこむのは手間ですし、大きな音も近所迷惑になる場合があります。そうしたときは、ボンネットを開けて目視で確認するのが、やはりいちばん確実です。

  • ボンネットを手でバンバンする
  • クラクションを鳴らす
  • ボンネットを開けて目視する

 いずれかの方法で、エンジンルームや車体下のタイヤ近くに入り込んだ猫ちゃんの安全を確保できたらいいですね。

こんな心温まる、素敵な実話もあったそう!

 ここでご紹介する内容は実話です。心温まるエピソードなのでぜひ読んでください。

 ── ある人(男性か女性かは不明)が、とある駐車場の前を通りかかった時、車のどこかから猫の鳴き声が聞こえてきたそうです。近づいて耳を済ませてみると、乗用車のエンジンルームの中から鳴き声が聞こえてきます。でも、その車の持ち主が誰かはわかりません。どうしよう……。

 悩んだ末に、その人は「猫が車のエンジンの中に入っているかもしれません。鳴き声が聞こえました」と手紙を書いて、ワイパーに挟んでおいたそうです。

 数時間後……。その手紙を見た車の持ち主がエンジンルームを確認したところ、やはり子猫が入り込んでいたのです。

 車の持ち主は、猫の無事を伝えるため、手紙を挟んでくれた人に向けて、お礼の手紙をまたワイパーに挟んだそうです ──。

 ちょっとした思いやりで猫の命を守ることができ、車の故障を防ぐこともできます。やり方は簡単! ボンネットを叩くだけです。みんなが、ボンネットを叩いていても怪しまれないくらい、もっとこの「猫バンバン」が普及するといいですね。

 車に乗る前の「猫バンバンプロジェクト」、みなさんも今日からやってみてくださいね。

関連リンク

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/12/news182.jpg 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  2. /nl/articles/2404/13/news017.jpg 1歳妹、大好きな18歳兄の登校を泣きながら引きとめて…… やさしい兄の対応と爆笑のオチが430万再生「こりゃ離れられない」「早く帰ってこなきゃ」
  3. /nl/articles/2404/13/news010.jpg 「このシステムすごくいい」 東横INNの「フードロス対策」に称賛の声 「全てのホテルに拡大してほしい」
  4. /nl/articles/2404/13/news012.jpg 「このヒートテック、いつ買ったっけ?」→一発でわかる“タグの見方”が600万再生 手放しどきをユニクロに聞いてみた
  5. /nl/articles/2404/12/news172.jpg いなば食品、「由比のボロ家報道について」とするコメント発表 「誠意をもって改修に全力」
  6. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  7. /nl/articles/2404/12/news132.jpg 2歳女の子、空港で祖父母を見つけた瞬間! 2200万再生の喜びダッシュに「トトロに出てくるメイちゃんに見えた笑」【豪】
  8. /nl/articles/2404/13/news006.jpg 1歳妹、6歳姉のお迎えは大興奮→ママのお迎えは……? 270万再生のリアクションに「差が歴然ですねw」「可愛いすぎる姉妹ですね」
  9. /nl/articles/2404/13/news008.jpg デート中の妻に「野球しよう」と誘ったら……エッッ!? まさかの腕前にしびれちゃう「かっこよー!」「いったい何者……?」
  10. /nl/articles/2404/13/news024.jpg 2歳息子がイモムシから育て、羽化したアゲハ蝶との別れの日…… 胸を打つ奇跡の光景に「こんな事あるんですね!」「感動をありがとう」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」