ヘドバンできる“柵”もある! メニューがバンド名、レアポスター・音源も満載の「バンギャカフェ」に行ってきた(1/2 ページ)

地方のバンギャの居場所を作ることを目指して誕生した「バンギャcafe&Var“Raffine”」。そこにはオーナーが20年以上かけて集めたコレクションや非常に良い柵があった。

» 2017年01月14日 11時00分 公開
[姫野ケイねとらぼ]

 ヴィジュアル系(V系)バンドの熱狂的なファン「バンギャ」。ライブの多い都心では、好きなバンドについて語り合ったり一緒にライブに行ったりする「バンギャ友達」ができやすい傾向にあるが、地方となると同じ趣味の人と知り合える機会が少ない。そんな「ぼっち」のバンギャの居場所を作ろうと、2014年11月に大分県大分市にオープンしたのが「バンギャcafe&Var“Raffine”」。どんなお店なのか、自身もバンギャである筆者が足を運んできた。

バンギャcafe&Var“Raffine” バンギャcafe&Var“Raffine”

 Raffineは大分駅から徒歩7〜8分ほど。大通りから一本小道に入ったところに、「バンギャカフェ&バー ラフィーネ」と書かれたピンクののぼり旗がはためくレンガ風の建物を発見。この建物の2階が“Raffine”だ。

ピンクののぼり旗

 階段を登っていくと、壁中にバンドのポスターが。まるでライブハウスの階段のようだ。

階段の壁にはバンドのポスター
店内の床は市松模様で、ライブハウスっぽさが漂う

 店内は、壁中バンドのポスターだらけ。今は有名になったバンドの駆け出しのころのポスターもあるので、ファンにとってはたまらない。ポスターだけでなく、オーナーの[島]さんが20年以上かけて集めたV系コレクションがずらり。ライブ会場のみで販売されたようなレア音源や昔のV系雑誌のほか、X JAPANのhideの急逝やLUNA SEAの解散などが報じられた当時のスポーツ新聞まで大事に取ってある。

オーナーのコレクション
90年代後半のスポーツ紙

 オーナーの[島]さんはギャ男(ぎゃお。V系が好きな男性のことで、バンギャル男の略)歴23年。小6から聖飢魔IIにハマり、その後XやMALICE MIZERにハマったという。九州唯一のV系インディーズショップ「“Raffine”ライナーノーツGARDEN」の店長を兼任し、ミニレーベル「“Raffine” LAB illusion Breath」も起ち上げて九州バンドの応援をしようとイベントも開催している。

手に入りにくいレア音源
最近人気のバンドの音源も
トイレも開けてびっくり

ヘドバンできる柵あり

 店内に設置されている巨大なモニターには、[島]さん主催のライブ映像が流れていた。そして、このカフェの最大の特徴は、モニターの前にライブハウスのような柵があること。バンギャは柵に手をかけてヘッドバンギングを行うのがV系のライブでよくある楽しみ方だ。このカフェでもヘドバンは大歓迎。お客さんたちは映像に合わせてヘドバンをしたり、フリ(曲に合わせた振り付け)の練習をしたりと、思い思いに楽しんでいるという。筆者も曲に合わせてヘドバンをかましてみた。ライブハウスによっては柵がさびていたり、ぐらついていたりする場合もあるが、Raffineの柵は丈夫で非常に良い柵であった。

テーブルの前には柵!
さっそくヘドバン。これは良い柵

 Raffineのもう1つの特徴は、メニューがバンド名になっていること。内容とメニューは定期的に変更になるものの、筆者が訪れた際もユニークなメニューばかり。

 「実際にバンドマンが来て、自分のバンド名のメニューを食べて行くこともありますよ」と[島]さん。人気のフードは「アルルカン」(かぼちゃチキンクリームスープパスタ、税別1030円)、「Versailles」(ふわっトロ卵のオムライス。税別1000円)、「Viv」(ハムチーズフレンチトーストクロックムッシュ、税別780円)。

メニューはバンド名
一品料理のメニューはじわじわくるものあがる。ラクリマが枝豆、PIERROTが一夜干しイカ焼きって……

 アルルカンは2種類のカボチャをたっぷり150グラム使用。スープにはクリカボチャという甘いカボチャを2度裏ごしして使用しているため、何ともクリーミーな味わいだ。ほんのりガーリックとバターの風味も香り、絶品だった。

アルルカン(かぼちゃチキンクリームスープパスタ)

 ドリンクメニューのなかに「悪魔の誘惑カルピス」(税別480円)という気になるものを発見。なんだこの、めちゃくちゃV系っぽい響きのドリンクは……†

悪魔の誘惑とは……

 注文すると、薄茶色のカフェオレのようなものが登場。一口飲んでみると、まろやかなカルピスの後からピリピリ感がやってくる。なるほど、これは悪魔のささやきだ……†。「何が配合されたドリンクかは飲んでからのお楽しみ」と、[島]さんが言っていたので秘密にしておく。ただ、おいしいということは伝えておこう。

悪魔の誘惑カルピス

 なお、これらは1月時点のメニュー名と価格。2月からは2周年謝恩として価格とメニュー内容・バンド名の大幅見直しをしている。「これまでも決して高くなく、チャージ料もなくリーズナブルな価格帯で提供していましたが、今後はさらに学生さんが足を運びやすくなるのでは。価格に関しては期待していてください。メニューのバンド名もガラッと変える予定なので、自分の推しバンドが加わるかもしれませんよ」と、[島]さん。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/21/news011.jpg 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. /nl/articles/2404/21/news005.jpg 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  3. /nl/articles/2404/22/news028.jpg 0歳双子を19時15分に寝かせ続けたママ→1年後…… メリットだらけの挑戦記録に「偉い&すごい!」「寝る子は育つ、その通りですね」
  4. /nl/articles/2404/21/news013.jpg 【今日の計算】「101×99」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/16/news027.jpg 中古軽自動車をキャンピングカー仕様にして日本一周するカップル 車内で料理中、思わぬアクシデントが…… その後の姿に「すごい」「尊敬します」
  6. /nl/articles/2404/22/news122.jpg 「あの頃の橋本環奈すぎる」21歳の無名アイドル、幼少期ショット公開で再びどよめき「凄い完成してる」「美少女の片鱗が見えすぎてる」
  7. /nl/articles/2404/22/news026.jpg ご機嫌でルンルンステップを踏む柴犬、それをパパがまねすると…… ルンルンはひとりで楽しみたい派の塩対応に「めっちゃ可愛い」と100万表示
  8. /nl/articles/2308/31/news023.jpg 庭の草刈り中に小さな卵を発見、孵化させてみたら…… 命の誕生の記録に「すごい可愛い!」「すてきな家族」
  9. /nl/articles/2404/21/news029.jpg 飼い主を引っかいてしまった黒猫“自分の犯した過ち”に気が付いて…… いつもと違う行動に「反省してるのが分かる〜!」と190万再生
  10. /nl/articles/2404/22/news020.jpg 「飼い主ビビる」猫たちに猫草をあげたら……“ちがうもの”を食う1匹の姿が182万表示! 予想外の展開に「ちょっww」「狂気を見た」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」