ニュース
» 2017年01月11日 12時33分 公開

シカと交尾に挑むサル、屋久島で観察される 論文「群れに属しておらずメスと接触が制限されていたからか」

大きく離れた異種間での珍しい事例。2頭のうち1頭とは交尾行動に成功。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 鹿児島県屋久島でサルとシカの交尾行動を観察した論文が発表されました。種が大きく離れた生物間での交尾は珍しく、科学研究として記録されたのは今回が2例目。


画像 2頭の雌ジカに対し交尾行動。A、B、Cは1頭目。右下のDは2頭目に乗ろうとしているところ

 研究チームはニホンザルの亜種にあたり、屋久島に生息しているヤクシマザルを観察。2頭の雌ジカにまたがり交尾しようとしていた雄ザルの事例を学術誌「Primates」で報告しました。

 シカの1頭は抵抗せず、サルは10分間にわたって交尾行動を見せていたとのこと。撮影された動画や写真では、シカのお尻のあたりで腰を動かしている様子が確認できます。なお、身体のつくりが違うためか、挿入は行なわれていません。もう1頭は回転したり走ったりしてサルを振り落とそうとし「sexual behaviour(性的な行動)」を受け入れませんでした。

雌ジカとの交尾を試みる雄のヤクシマザル

画像 交尾行動に成功している様子


画像 シカが拒否して、振り落とそうとしている様子

 論文では異種間での交尾行動が発生した理由として、雄ザルが群れに属しておらず、雌との接触が制限されていたこと、繁殖期を迎えていたことを挙げています。また、同個体が仲間を守るときのようにシカに近付く他のサルたちを追い払う行動を見せていたことなどから、研究チームはサルとシカが調和的な関係を築いているのではないかと推測しているようです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」