ニュース
» 2017年01月14日 10時00分 公開

“火星人”や“どろぼう”から届く物語 自分で封を切る新感覚手紙小説「何者からかの手紙」が読書通をうならせる

一読の価値あり。

[Kikka,ねとらぼ]

 表紙に「○○からの手紙」とだけ書かれた封筒入りの手紙小説が、読書通の間で話題を呼んでいます。手紙を入手し、作者を取材しました。


何者からかの手紙 手紙小説「何者からかの手紙」(画像提供:BOOKSOUNDS)

 話題になっているのは「何者からかの手紙」と題されたシリーズ。昔から手紙をやりとりする形式の、いわゆる「書簡体小説」は存在しましたが、「何者からかの手紙」は読者自身が封を切って中に入っている手紙を読むというスタイル。文字通りの「手紙小説」となっています。


何者からかの手紙 今回実際に読んでみた5つの手紙

 編集部では全50通(50種類)の手紙のなかから「ひつじからの手紙」「火星人からの手紙」「どろぼうからの手紙」「ロボットからの手紙」「退屈届」の5通を入手しました。


何者からかの手紙 はさみで封を開けるドキドキ感

 まず作品を手に取ってみて感じたのは「本物の手紙らしさ」です。封筒は厚すぎず、薄すぎず、中の手紙がうっすらと透けて見えます。裏返してみるとしっかりとノリ付けされており、はさみで封筒を開けると手紙特有のドキドキ感があります。


何者からかの手紙 中から出てくる手紙

 中から出てくるのは3つ折りのわら半紙に小説が印刷されたもの。各差出人が“あなた”へ伝えたいことを思い思いに書き連ねています。差出人が何の目的で手紙を書いているのかや、文体は作品によって異なり、それぞれに味わいがあります。詳しい内容はあえて触れませんが、わずか数枚の手紙から差出人の性格や背景が浮かび上がってくるような気がするところも、作品の魅力です。

 この小説を考案したのはBOOKSOUNDSさん。2012年から特定の書店などに設置してある“ポスト”へ「何者からかの手紙」を定期的に届けているそうです。手紙の内容はもちろん、その背景などについても読者にゆだねている部分が多い作品ですが、読者からの感想については「ポスト設置場所の店舗さまに届いております」と、反響は伝わっているようです。

 価格は162円(税込)。「何者からかの手紙が届く」ポストは札幌は「tronika」、東京は「タコシェ」「Amleteron」「神保町いちのいち」「ヴィレッジヴァンガード 立川ルミネ店」、愛知は「幸田駅前書店」、京都は「ホホホ座」、大阪は「(本)ぽんぽんぽん」、広島は「紙片」、長崎は「ひとやすみ書店」に設置されています。

素材提供:BOOKSOUNDS

(Kikka)

関連キーワード

手紙 | 小説・詩 | 書店 | 封筒 | 読書


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/27/news084.jpg 星野さんどこ……? 「どん兵衛」、鬼気迫るどんぎつねさんが“眼鏡”を放り捨てる意味深CMがもう「リアルごちゃ混ぜ」
  2. /nl/articles/2109/26/news028.jpg 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  3. /nl/articles/2109/22/news088.jpg 「生クリームは飲み物」通販が一時中止に 保健所からの指摘受け 製品名も変更
  4. /nl/articles/2109/26/news047.jpg かっぱ寿司で「入店20時間待ち」表示 全皿半額キャンペーンで全国に大混雑、入店困難な状態に
  5. /nl/articles/2109/26/news018.jpg 窓拭きお兄さんの恋を同僚おじさんたちが全力で応援するラブコメ漫画 「転職したい」と反響多数
  6. /nl/articles/2109/26/news027.jpg 「BotW」足跡モードで「ゼルダの伝説」を描く偉業 ガーディアンに襲われながらも“41日間の旅”を完走した作者にインタビュー
  7. /nl/articles/2109/26/news053.jpg 娘がダイソーで買ったニワトリ風船がなんかおかしい…… ナナメ上のビジュアルに「吹いた」「おなか痛いw」
  8. /nl/articles/2109/25/news064.jpg 森尾由美、長女の結婚をレアな母娘3ショットで報告 「美人親娘」「姉妹みたいや」と反響
  9. /nl/articles/2109/27/news028.jpg 夫が3カ月の育休を取ったら、新生児がいても8時間睡眠を確保できた 「シフト制」を取り入れた育休のレポート漫画が参考になる
  10. /nl/articles/2109/27/news060.jpg 徹夜でゲーム! 10時間爆睡! 起きたら夕方! “丁寧な生活”もいいけど「バカの生活」やっぱり気持ちいい! という漫画に共感

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」