ニュース
» 2017年01月13日 19時13分 公開

格闘ゲームというか格闘技だこれ! 伸びる腕を駆使して戦うNintendo Switchの新作「ARMS」をプレイしてみた

神ゲーの予感。

[イッコウ,ねとらぼ]

 Nintendo Switchプレゼンテーション2017で発表された格闘スポーツゲーム「ARMS」を体験会場でプレイしてみました。e-Sportsとして盛り上がりそうな予感。

動画が取得できませんでした
ARMS Nintendo Switch プレゼンテーション 2017 出展映像

 3Dのステージを動き回りながら相手を攻撃し、体力ゲージをゼロにすれば勝利となり、従来の対戦格闘ゲームと大枠のルールは同じ。しかし、コントローラーを傾けると移動、ハの字型にクロスするとガード、腕を前に伸ばすと攻撃など、かなり体感的な動きが要求されるのが特徴で、その他にもダッシュ、ジャンプ、必殺のラッシュ攻撃などの多彩なアクションが可能です。


ARMS 会場では2人のスタッフがプレイしていました(上手でした)

 “格闘スポーツ”というジャンルだけあって、基本的な攻撃方法はシンプルなパンチですが、前方腕がグッと伸びるため遠距離攻撃も可能です。一見すると一対一で遊ぶTPSのようなゲーム画面ですが、実際の対戦では想像以上に反射神経が問われるほか、「ガードで通常攻撃を防げるが、投げには無力」といった通常の対戦格闘ゲームと同じ駆け引きが楽しめます。

 現在判明しているプレイアブルキャラクターは「スプリングマン」「リボンガール」などの5キャラクター。装備できる武器がそれぞれ異なるなどの個性があり、障害物や高低差などステージの形態も多様です。発表では「やり込み要素が高いゲーム」として紹介されていましたが、上達するためには操作技術を磨くことはもちろん、戦略の組み立て方なども重要になりそうな予感。その競技性の高さから、e-Sportsの新種目としても注目を集めそうです。


ARMS 主人公? の「スプリングマン」

ARMS ヒロイン的ポジションの「リボンガール」

ARMS 素早い動きが特徴の「ニンジャラ」

ARMS 重量級のキャラクター「マスターマミー」

ARMS 同じく重量級の「メカニッカ」

 プレイヤー同士がNintendo Switchを持ち寄って遊ぶローカルプレイはもちろん、インターネットを通じたオンライン対戦も可能。格闘スポーツゲーム「ARMS」は2017年春発売予定です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン