ニュース
» 2017年01月17日 18時39分 公開

トラフザメ、オスがいなくなると無性生殖する事例が確認 有性生殖からシフトするのは世界初

豪大学が発見。オスのパートナーから分離された数年後に、無性生殖で産卵しました。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 オーストラリア・クイーンズランド大学が、メスのトラフザメが有性生殖から無性生殖にシフトし、オスなしで出産する事例を確認したとを発表しました。サメが無性生殖をすることは以前から知られているものの、有性生殖を経験したのちに行ったという報告は世界初となります。


画像

 1999年に捕獲され、オーストラリアの水族館に収容されたメスのトラフザメにはオスのパートナーがおり、2008年から何度も有性生殖による産卵を経験。2013年からパートナーと分離され、オスがいない環境に置かれたにもかかわらず、2014〜2016年のあいだにも2回卵を産んでいます。体内に精子を保存している可能性が疑われたものの、遺伝子調査で単性生殖を行うようになっていたことが確認されました。

 発表された論文では「脊椎動物の無性生殖は生殖機能のエラーであり、偶発的なもの」とする学説に対し「我々の研究は、異なるモデルを提唱する」と、無性生殖がオスのいない環境下での適応戦略として行なわれる可能性が示唆されています。


画像 トラフザメの出産歴。「F1」が該当の個体で、「F2」は同じ水槽で生活していた「F1」の娘にあたる個体。こちらも成熟後、無性生殖しています

 トラフザメはIUCN(国際自然保護連合)によって、絶滅する可能性があるとされている生物。今後は無性生殖で誕生した個体が、有性生殖できるのかどうか調査される予定。可能であれば、無性生殖が個体数を増加させるための切り札になるかもしれません。

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた