ニュース
» 2017年01月18日 21時19分 公開

「ルパン三世 カリオストロの城」のMX4D版が1月20日より公開 クラリス役もカーチェイスの臨場感に太鼓判!

全国のTOHOシネマズほかMX4Dスクリーンで期間限定上映。

[ねとらぼ]

 宮崎駿さんの初監督作品「ルパン三世 カリオストロの城」(1979年公開)が、MX4D版となって1月20日から全国のTOHOシネマズほかで期間限定上映されます。公開から年数を経た作品のMX4D化は国内初とのことです。

カリオストロの城 MX4D版 「ルパン三世 カリオストロの城」MX4D版のロゴ

カリオストロの城 MX4D版 ルパンやクラリスたちの物語を、臨場感たっぷりに味わえる……!

 今回のMX4D版化は、アニメ「ルパン三世」シリーズのトムス・エンタテインメントによる、原作誕生50周年を記念した企画。2014年に公開されたデジタルリマスター版をベースに、シートの動き、振動、風、ストロボなど特殊効果を施したものになります。映像も最新技術と手作業でフィルムの汚れなどを除去したほか、音声もノイズを取り除いて5.1チャンネル化されています。

 特殊効果は序盤のカーチェイスをはじめ、アクションシーンの数々に加わっているとのこと。ダイジェスト版を体験したクラリス役の島本須美さんは、「特にカーチェイスのシーンは臨場感があって、印象に残りました。口を開けて観ていたら、水しぶきが口の中に入ってしまいましたので、口を閉じてご覧下さい(笑)。私は特にルパンが屋根をビュンビュンと高跳びするシーンが好きなのですが、とても動きが合っていた気がしました」と振り返っています。

カリオストロの城 MX4D版 特製ポストカード

 入場料金は、特製ポストカード(各劇場1700枚限定)が付いて2200円。従来のMX4D版(一般3000円)よりも安めで、「カリオストロの城」をよりリアルに体験するだけでなくMX4Dの初体験にももってこいとなりそうです。上映館は公式サイトで公開中です。

クラリス役・島本須美さんコメント

 「特にカーチェイスのシーンは臨場感があって、印象に残りました。口を開けて観ていたら、水しぶきが口の中に入ってしまいましたので、口を閉じてご覧下さい(笑)。私は特にルパンが屋根をビュンビュンと高跳びするシーンが好きなのですが、とても動きが合っていた気がしました。初公開から38年経って改めて自分の演技を聞くと反省モードに入ってしまいますね。男性の中で理想の女性がクラリスというのはわかるような気がします」

カリオストロの城 MX4D版 ダイジェスト版を体験した島本須美さんと友永和秀さん

アニメーター・友永和秀さんコメント(カーチェイスシーンなどを担当)

 「最初は半信半疑で観始めたのですが、特に時計塔のシーンは臨場感があって良かったです。大画面で観ればさらに臨場感が出るのでしょうね。動きにメリハリをつけているのはいいと思います。今後は演出の人もMX4D(R)の動きも計算に入れて考えないといけなくなるかもしれないですね。『カリオストロの城』はカメラが固定ですが、最近のアニメのように手ぶれのシーンがあると動きが付けられて面白いかも」

原作:モンキー・パンチ (C)TMS



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」