ニュース
» 2017年01月20日 20時25分 公開

将棋・加藤一二三九段の現役引退が決定 翌日の対局では最年長勝利記録を更新する快挙も

数々のひふみん伝説をありがとう……!

[たろちん,ねとらぼ]

 「ひふみん」の愛称で人気のプロ棋士・加藤一二三九段の現役引退が決定しました。

加藤一二三引退 加藤一二三九段(日本将棋連盟公式サイトより)

 1月19日に行われた順位戦C級2組の対局結果を受けてのもの。将棋では多くのプロ棋士が「順位戦」というリーグ戦に参加しており、C級2組はその最下級リーグ。ここで成績下位者に付けられる「降級点」を3回取るとリーグ戦に属さない「フリークラス」に降級となります。

 19日の対局の結果、加藤九段に3度目の降級点がつくことが確定。フリークラスには60歳までの年齢制限があるため、77歳の加藤九段は今期の対局を全て終了した時点で引退することが決まりました。

 加藤九段は1954年に史上初の中学生棋士としてプロデビューし、「神武以来の天才」と称された人物。名人獲得などの実績はもちろん対局中のユニークな所作も有名で、「旅館の滝の音がうるさいので止めさせた」「対局相手の背中から将棋盤をのぞきこんで考える(通称「ひふみんアイ」)」「昼食に定食を2人前注文した」など、数々のひふみん伝説でも知られています。

加藤一二三引退 ニコニコ超会議でカラオケを披露するひふみん(関連記事

 近年はその個性的すぎるキャラクターを武器にバラエティー番組などでも活躍。一方、体力や成績の落ちた棋士の多くが自ら引退を選ぶ中、一貫して現役として戦い続けることにもこだわっており、先日は自らの最年少記録を破った中学生棋士・藤井聡太四段との「62歳差対決」も実現。19世紀生まれ〜21世紀生まれの棋士と対局した経験を持つ唯一の棋士となっていました。

 なお、加藤九段は引退決定の翌20日、棋聖戦二次予選の対局に登場。B級1組の強豪・飯島栄治七段を相手に見事勝利し、公式戦出場史上最年長記録と最年長勝利記録を更新しました。最後まで「ひふみん伝説」を築き続けるあたりはまさに将棋界のレジェンドです。

 順位戦の引退は決まったものの、その他の棋戦でトーナメントに勝ち続ければ対局は続きます(ベスト4など好成績の場合は来季の出場も可能)。ちなみに棋聖戦での次の相手はなんと現役最強棋士の1人である佐藤天彦名人。もうしばらく常に全力投球なひふみんの対局姿を見ることができそうです。

たろちん

関連キーワード

引退 | 将棋・チェス | 天才


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  2. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  3. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  4. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  5. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  7. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声
  10. /nl/articles/2205/19/news118.jpg 岩崎宏美、17歳の愛犬・ライスが天国へ 家族の“歌”とともに最期を迎え「涙が止まりませんでした」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声