ニュース
» 2017年01月21日 11時00分 公開

あの俳優2人が共演NGって本当ですか? 「バイプレイヤーズ」第2話は序盤から「えええーっ!」ねとらぼレビュー

緑のフライトジャケットと、紅茶好きのスーツ……。

[たまごまご,ねとらぼ]

 テレビ東京のドラマ24「バイプレイヤーズ 〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜」。第2話のサブタイトルは「バイプレイヤーと共演NG」。いきなりドキッとするタイトルで、序盤の話題が「ふなっしーとにしこくん現場で大もめ」。えええーっ、と思ったら、いわゆるまとめ系サイトのウワサでした(ちゃんとラストで「共演NGではありません」と書いていますよ!)。

 人のうわさも七十五日とは言いますが、今はネットで一瞬で拡散されて信じる人がいるもんだから大変。今回は遠藤憲一さんと松重豊さんの「共演NGのうわさ」の話。


画像 遠藤憲一さん(右)と松重豊さん(左)。いやいやこれどっかで見たことあるんですけど


今までのおさらい

 このドラマは、出て来る俳優さんたちのキャラクターをデフォルメしながら、本人を本人が演じています。

 「絆を深めてほしい」と言われ、3カ月のシェアハウス生活をすることになった、遠藤憲一さん、大杉漣さん、田口トモロヲさん、寺島進さん、松重豊さん、光石研さん。大御所のバイプレイヤー(名脇役俳優)。みんなアクが強いので、合わないところもあるけれど、さすが50代以上、大杉さんをリーダーに、それなりに共同生活をはじめます。

 とはいえ、大人だから「聞きづらい」ことは山ほどある。その一つが、10年前にそりが合わず空中分解した6人の映画「バイプレイヤーズ」。未だにみんな引きずっている心の傷。

 2話で話の中心になるのは、真面目で繊細で心配性な遠藤さんと、しっかりもので冷静な松重さん。2人がダブル主演することになったのは「相方」というドラマでした。

 ……えっ、それ、似たようなのどっかで聞いたことあるんだけど。



周囲のうわさが壊すもの

 共演が多い2人。「芸能界、共演NGの噂の人」というネット記事で名前があがります。んなわけない。さすがに6人とも笑い飛ばします。

 ゴシップやスキャンダルは、どうしてもこういう根も葉もないうわさを流しがち。大杉さんの「こういう真相って、当人同士しかわからないからねー」というセリフや、松重さんの「共演NGって、マスコミとかネットは、変なうわさたてたがりますよね」など、今まであちこちで見てきたんでしょう。無視するに限る。


画像 ゴシップメディアが撮影した写真。2人で話しながら食事しているだけなのですが、「共演NG」「険悪ムード」「疲労困憊のスタッフ陣」とねつ造記事が

 ただ、周囲はこういうのを信じてしまいがち。現場は「本当にNGだったらヤバイ」という気づかいで、みんながこそこそ言い始める。いかにもそれっぽい空気になってくる。親切心が空回り。

 2人の心には、引っかかっているものがありました。「バイプレイヤーズ」の時のこと。配役を交換するよう監督に言ったことが(実は双方)ずっと頭に残っていた。2人とも「悪いことしたなあ」と思い続けていた。

 この思いを言葉にすることができないままだった。うわさがどんどん膨らみ、撮影現場の状況が怪しくなるにつれ、「ひょっとしてあの時のことを怒ってるんじゃないか?」と1人で紐付けてしまってモヤモヤしはじめる。


画像 うわさを聞いてしまったため、あれこれ気になって怯え、余計なことをしてしまう荒川良々さん。彼に悪気はまったくないんです

 これって俳優ならずとも、よくあること。どんなに信用している相手でも、頭に疑問がふっと浮かんだ瞬間、「もしかして」の疑念が浮かんでしまう。相手を責めるのではなく、自分が傷つけてしまったのではないか、というウジウジ。

 遠藤さんと松重さんは言葉で確認するより先に、2人がもっとも通じ合える方法、撮影中の激しいケンカのアドリブ演技で、お互いの信頼関係を確認しあいました。練習なき殴り合い。相手が「絶対受け止めてくれる」と信じてなきゃできません。それで十分すぎる。

 一番あたふたしていたADも「あの2人どこが共演NGなんですか、最高ですよ!」

 虚偽のうわさなんて、演技一つで吹き飛ばす。これがプロフェッショナルだ。



「かぶる」ってなんなんだろう?

 「キャラがかぶる」というのは、一般的にはあまりいい意味では使われません。劇中の現場では、スタッフは遠藤さんと松重さんが「かぶる」という言葉に超過敏反応するのは、分からんでもない。

 遠藤さんと松重さんが今回「かぶる」と劇中で言われたのは、どちらも「名脇役」として知られ、かつ刑事役などが多いから。今回の「相方」は、論理的な刑事と感情的な刑事。おそらく入れ替えてもお互い演じきる技量がある、という2人の役者としての認識が、ちらほら見えます。じゃなきゃ「役の交代」なんて話そもそも出てきません。

遠藤「なんかあれだよね、お互い役奪い合ったり」

松重「そのあと勝手にうじうじしたり」

遠藤「やっぱさ、俺たちかぶってんだよ」


 10年前の映画「バイプレイヤーズ」の話であり、今回の「相方」の話でもあります。

 かぶってるんですよ、それぞれ役に対して本気になって、そのためなら何もかもをかけて、最後までやり遂げようとする「役者バカ」な姿勢が。

 プロの役者であろうという情熱がかぶっているから、安心して任せられる。

 序盤の会話、一通り見た後だとなかなか味わい深いです。

遠藤「遠藤と松重は現場では目すら合わせないなんて、本当に信用してるやついるんだからしょうがないなあ」

松重「ほんとですよ、この歳で仲良しこよしってのがおかしいでしょう」

遠藤「えっ、じゃなに、おれたち本当は仲良しじゃないってこと?」

松重「え、いやいや違いますよ心配症だなあ遠藤さんもー」


 この「仲良し」の意味、2人の間でおそらく食い違っている。

 松重さんは「なあなあの仲良しこよしじゃなくて、もっと深いとこで認めあっている仲だ」という意味で、遠藤さんは「現場で目を合わせないなんてことはない、背中を預けられるような仲良しだよ」ということなのでしょう。

 だから最後、撮影中に2人でアドリブで演技をする時、遠藤さんから松重さんへの「本気でいくぞ」のセリフが、見直すほどにグッと来る。

 これで一つ、10年前のわだかまりが解けました。ここまで皆の心をかきまわす「バイプレイヤーズ」、どんな映画だったんでしょう、明かされていくのが楽しみ。

 2話の細かいところですが、パンメインだったシェアハウスの朝食が、1話の寺島さんのリクエスト通り「ごはんと納豆と味噌汁」になっていたのには、感動しました。料理担当の松重さん……!

 3話は光石研さんがえらいことになって、週刊文春とか不倫とかなんとか言ってましたが……そこまで踏み込んじゃうんですか。大丈夫なんですか。怖いよ、フィクションだと分かっていても。


(C)「バイプレイヤーズ」製作委員会

たまごまご


関連キーワード

俳優 | ドラマ | シェアハウス | ゴシップ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/07/news049.jpg 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  2. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  3. /nl/articles/2208/07/news048.jpg カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」
  4. /nl/articles/2007/15/news150.jpg 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  5. /nl/articles/2208/06/news014.jpg 飼い主が大型犬たちに“犬語”で注意した結果…… 即座に言うことを聞く姿に「まさかのネイティブw」の声
  6. /nl/articles/2208/05/news021.jpg 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  7. /nl/articles/2208/07/news007.jpg 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. /nl/articles/2208/07/news043.jpg “無限に転がり続けるウソップ”で上映中断 劇場版「ONE PIECE」TOHOシネマズのシュールな機材トラブル話題に
  9. /nl/articles/2208/07/news009.jpg 元警察犬のシェパード、無防備におなかを見せてすやぁ…… 穏やかな表情に「お疲れさまでした」「ゆっくり過ごしてね」の声
  10. /nl/articles/2208/05/news018.jpg やたら緑の幼虫を発見→1カ月育ててみた結果…… ため息が漏れるほど美しいチョウの羽化を見届けた観察日記に「感動する」

先週の総合アクセスTOP10

  1. DAIGO、姉・影木栄貴のシニア婚に感慨「アスランが好き過ぎて」「人生何が起こるかわからない」 義妹・北川景子が後押し
  2. 大阪王将「ナメクジの侵入があった」と認める 告発者は「ナメクジが6匹並んでいた」と発言
  3. かわいすぎるおっさんだな! 橋本環奈、23歳にして自宅にビールサーバーを設置 すっぴんで「ぷはー……うまっ」「おいしすぎてビックリ」
  4. 「お先にどうぞ」で歩行者妨害は不成立 道を譲られたドライバーの交通違反が撤回へ 警察が謝罪
  5. 大型犬「こわいよぅ!」→先生「震えすぎて心臓の音が聞こえません笑」 診察を必死に頑張るハスキーが応援したくなる
  6. 益若つばさ、休業を宣言 骨折直後の“死体みたい”な写真とともに「命が危なかったか下半身不随」の可能性あったと告白
  7. 坂口杏里さん、夫の前で“推し男性”に抱きつく画がカオスすぎる 「本当にこんなに好きになった人、7年間の元カレと王子だけ」
  8. スタッフが掃除していると、ウミガメたちが列を作って…… 甲羅磨きをねだる姿が「かわいいw」「気持ちいいのかな?」と話題に
  9. 「担保に傷いったのがショック」 粗品、535万円したレクサス白に擦り傷 購入報告からわずか2日の惨事に落胆
  10. 柴犬さんが「じいじとばあばのお布団の間」に一番乗り! 最高にいとおしい寝姿に癒やされる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい