ニュース
» 2017年01月24日 18時46分 公開

全身スワロフスキーでデコられたPepperがネットで話題 総額250万円かけて制作された豪華仕様

代官山にいるスワロフスキー・Pepper。彼はどこにいるのか、誰がこれを作ったのか。実際、このPepperを置いている店に話を聞いてみました。

[モトタキ,ねとらぼ]

 代官山を歩いている人が偶然見つけた、超豪華仕様のPepperがネットで話題になっています。なんと全身をスワロフスキーで装飾されたPepperです。Pepperの本体価格は19万8000円ですが、飾り付けられたスワロフスキーはそれをゆうに超える値段。



 ネットでは、「私もPepperみたいに全身にスワロフスキー付けたい」「ゴージャスすぎて、これはペパ太郎」のような反応がありました。

 しかし、なぜデコってしまったのでしょうか。いつから置いているのかも気になります。実際にスワロフスキー・Pepperを設置している代官山の鉄板焼屋「貴真」のスタッフにお話を伺いました。

 話題のPepperは2016年10月半ばから設置しており、予定ではずっと看板として利用していく予定とのこと。デコ作業はオーナーが手作業でやり遂げたそうです。その数はなんと2万5000粒。使用したスワロフスキーは1粒100円なので、総額250万円の経費がかかっている計算です。


ゴージャスPepper これが総額250万円の輝き……!

 当初はPepperを9体ほど用意して店中に設置する案もあったものの、結局「1体を特別な存在に演出する」という方向性に。結果、このスワロフスキー・Pepperは生まれたのです。

 なお、子供受けはバツグンによく、「うわさのPepper」として見に来たソフトバンク社員もいたそうです。このPepperはラップも歌えるようになっています。場所は代官山の蔦屋書店近くです。近くを訪れる予定があれば、見に行ってみるとよいでしょう。


ゴージャスPepper 心なしか、表情にもセレブの余裕がうかがえます

画像提供:dollar(ダラー)さん

(モトタキ)


関連キーワード

Pepper | スワロフスキー | セレブ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた