ニュース
» 2017年01月24日 20時50分 公開

サッカーで「GKに無理やり頭でバックパス」→「反則」になる珍プレー このルール知ってた?

その発想はあった……けどダメだったのか!

[たろちん,ねとらぼ]

 サッカー・フランス1部リーグ「リーグ・アン」で、非常に珍しい反則プレーがありました。YouTubeに該当シーンの動画が投稿されています

頭でバックパス 強引に頭でバックパス

 1月21日のナント対パリ・サンジェルマン(PSG)戦、珍プレーを披露してしまったのはPSGのマルコ・ヴェッラッティ選手。自陣ゴール近くでボールを受けたヴェッラッティ選手は、転がっているボールに対し地面に這いつくばるようにして強引にヘディングでGKにボールをパスしました。なんという無茶な体勢。

頭でバックパス 「頭でパスしたい……せや、自分がしゃがんだろ!」というストレートな発想

 サッカーでは、足でのバックパスをGKが手で扱うことはできませんが、頭や胸などで返したボールは手でキャッチすることができるというルールがあります。ヴェッラッティ選手のプレーもこれを意図したものだと思われますが、主審はこれに対してファウルのホイッスルを吹きヴェッラッティ選手にイエローカードを提示。ヴェッラッティ選手は「えっ、オレ?」というように驚いた表情を見せています。

頭でバックパス 主審「それファウルだよ」

頭でバックパス 「マジで!?」

 実はヴェッラッティ選手に与えられたのは「反スポーツ的行為」という警告。バックパスを露骨な時間稼ぎなどに使うことを防ぐため、サッカーの競技規則には「競技規則の裏をかき、意図的に味方のゴールキーパーに頭や胸、膝などでボールをパス」してはならないということがしっかりと記載されています。こんなマニアックなルールが……!

頭でバックパス ちゃんとルールとして定められています(サッカー競技規則より)

 今回の場合、ヴェッラッティ選手に悪意はなかったのでしょうが、主審の冷静なジャッジにより想定外のイエローカードをもらってしまう結果に。かなり珍しいケースだけに知らなかったという人も多いのではないでしょうか。

たろちん

関連キーワード

サッカー | 動画 | フランス | スポーツ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」