ニュース
» 2017年01月30日 20時00分 公開

偉人でも“盛れる”謎の高性能 自撮りアプリ「BeautyPlus」で5000円札の樋口一葉がパッチリお目目に

だるまに使ってみたら、自動で目が入りました。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 自撮りアプリ「BeautyPlus」で撮影された5000円札の樋口一葉が「なにこれかわいい」「盛りっぷりがすごい」と話題になっています。


画像 5000円札の樋口一葉が……(画像提供:のぶ(・ω・)さん


画像画像 キラキラお目目に。右はメイク風の加工まで(画像提供:のぶ(・ω・)さん

 中国のIT企業、Meituが開発している自撮りアプリ「BeautyPlus」(Android/iOS)で撮影されたもの。自動的に人物の顔を認識して目を大きくしたり、肌をきれいにしたりする「二次元カメラ」などの機能があり、画像編集が簡単にできるようです。

 Twitter上では顔に入った線がきれいに消され、目もぱっちりキラキラに加工された樋口一葉の姿に「爆盛り」「最近アプリすごい」と驚きの声が。本物の人間も、こんな感じで美人に加工できちゃうんだろうなあ。

 筆者が同アプリを試してみたところ、1000円札の野口英世でも同様の加工が。人間以外でも顔認識させることができるらしく、だるまの顔をデザインした駅弁「だるま弁当」の容器を撮影した際には、自動的にリアルな目が入りました。もしかして顔っぽいものなら、なんでもいけるのかこれ……!


画像 野口英世でもバッチリ加工できました。偉人の顔を"盛る"くらいなら楽勝なのかな?


画像画像 「だるま弁当」のビフォーアフター。顔認識機能が便利すぎて、完全に間違った遊び方ができるもよう

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた