ニュース
» 2017年02月01日 19時55分 公開

その書き損じ、消えるよ こすっても消えない油性マーカー汚れを落とす方法になるほどの嵐

検索:お前を消す方法。

[橘 慧,ねとらぼ]

 昨今ちょっとしたDIYが流行。プラスチック板やガラスなどに油性ペンで模様を描いたり、おしゃれな英単語を書いてみたりして、殺風景なお部屋にオサレな潤いを!! ……あっ。やってしまいました。書き損じ。ゴシゴシこすっても消えぬ消えぬ。絶望感と虚無感が一気に襲いかかります。


ぺんてる 一生懸命ゴシゴシしても無駄無駄ァと言われているような気持ち

 さて、油性マーカー使用時にはみ出しちゃったり誤字をしてしまった場合どうやって消せばいいのー!? という利用者のうっかりミスもといトラブルに、ぺんてる公式さんからの救いの手が。実はその書き損じ、ホワイトボードマーカーで消えるよ!

 油性マーカーで書いた(描いた)ものをホワイトボードマーカーで上塗りし、こすってみると……。見事に消えました。ガッツポーズしつつ、脳内では「でも、どうして?」。


ぺんてる その油性ペンの書き損じ、消えるよ

 それはホワイトボード(WB)マーカーが、普通の油性マーカーに「剥離剤(はくりざい)」を入れたものだから。書き損じを汚れとすれば、剥離剤は洗剤のようなものだそうです。剥離剤が含まれているWBマーカーはいわば対油性マーカー用の迎撃システム。これで勝つる!


ぺんてる ぺんてる公式サイトより。ややハードル高し

 ぺんてる公式サイトでも油性ペンの汚れの落とし方についての記述はありますが、「無水エタノールを布にしみこませて」など、少しばかりハードルが高い。よりお手軽に、簡単に、手早く油性ペン汚れを落としたい時には「WBマーカーを上塗りする」というライフハックをぜひお試しあれ!

 なお、衣類についてしまった場合は乾燥後にクリーニング店でドライクリーニングのしみ抜き指定をしてその道のプロにお任せしましょうね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ