ニュース
» 2017年02月01日 19時55分 公開

その書き損じ、消えるよ こすっても消えない油性マーカー汚れを落とす方法になるほどの嵐

検索:お前を消す方法。

[橘 慧,ねとらぼ]

 昨今ちょっとしたDIYが流行。プラスチック板やガラスなどに油性ペンで模様を描いたり、おしゃれな英単語を書いてみたりして、殺風景なお部屋にオサレな潤いを!! ……あっ。やってしまいました。書き損じ。ゴシゴシこすっても消えぬ消えぬ。絶望感と虚無感が一気に襲いかかります。


ぺんてる 一生懸命ゴシゴシしても無駄無駄ァと言われているような気持ち

 さて、油性マーカー使用時にはみ出しちゃったり誤字をしてしまった場合どうやって消せばいいのー!? という利用者のうっかりミスもといトラブルに、ぺんてる公式さんからの救いの手が。実はその書き損じ、ホワイトボードマーカーで消えるよ!

 油性マーカーで書いた(描いた)ものをホワイトボードマーカーで上塗りし、こすってみると……。見事に消えました。ガッツポーズしつつ、脳内では「でも、どうして?」。


ぺんてる その油性ペンの書き損じ、消えるよ

 それはホワイトボード(WB)マーカーが、普通の油性マーカーに「剥離剤(はくりざい)」を入れたものだから。書き損じを汚れとすれば、剥離剤は洗剤のようなものだそうです。剥離剤が含まれているWBマーカーはいわば対油性マーカー用の迎撃システム。これで勝つる!


ぺんてる ぺんてる公式サイトより。ややハードル高し

 ぺんてる公式サイトでも油性ペンの汚れの落とし方についての記述はありますが、「無水エタノールを布にしみこませて」など、少しばかりハードルが高い。よりお手軽に、簡単に、手早く油性ペン汚れを落としたい時には「WBマーカーを上塗りする」というライフハックをぜひお試しあれ!

 なお、衣類についてしまった場合は乾燥後にクリーニング店でドライクリーニングのしみ抜き指定をしてその道のプロにお任せしましょうね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」