ニュース
» 2017年02月02日 08時00分 公開

AIってポーカーでもむっちゃ強いのか! プロプレイヤー4人とのテキサス・ホールデム大会で2億円分の勝利

「不完全な情報で戦略を立てる能力が、人間を越えた」。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 米国カーネギーメロン大学の研究者らが、AIと人間のトッププロ4人による「ヘッズアップノーリミットテキサスホールデム」(ポーカーの1形式)の大会を開催。AI側が約177万ドル分のチップを獲得し、勝利を収めたことを発表しました

 同大学は2015年にも同様の試みを行っていますが、このときは人間側が勝利しています。


画像

 「BRAINS VS. AI: UPPING THE ANTE」は、1月11日から20日間にわたって開催。Tuomas Sandholm氏らが開発したAI「Libratus」がプロのポーカープレイヤー4人と、テキサス・ホールデムで12万回対戦しました。同AIの運用には、ピッツバーグ・スーパーコンピューティング・センターが協力。また、プレイデータの分析結果からアルゴリズムが改良され、日々強化されていきました。人間に対し、ブラフをかけることもできたようです。

 最終的にはAI側が約177万ドル(日本円換算で約2億円)分のチップを獲得し、Tuomas Sandholm氏は、この勝利を「不完全な情報で戦略を立てるAIの能力が、人間を越えた」と祝福。将来的には類似のシステムを使って、商談や軍事戦略などの分野における自動意思決定システムを構築できる可能性があるとしています。

 ちなみに、参加したプロプレイヤーらは試合結果に応じて賞金20万ドルを山分けすることになっており、負けた分の金額を実際に支払うわけではありません。今回の大会では人間側が敗北を喫したものの「普通は経験を積むためにたくさん負けて、たくさんお金を失わなければならない。でも、今回はそういうことにならなかった」「強い対戦相手の存在は、ポーカープレイヤーのレベル向上につながる」と肯定的なコメントを残しています。

開発者、プロプレイヤーのインタビュー動画

画像 プレイ画面はこんな感じ


画像画像 AIと対戦してプロプレイヤー同士で賞金を奪い合うルールだったためか、人間側も真剣だったようです

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」