ニュース
» 2017年02月02日 08時00分 公開

AIってポーカーでもむっちゃ強いのか! プロプレイヤー4人とのテキサス・ホールデム大会で2億円分の勝利

「不完全な情報で戦略を立てる能力が、人間を越えた」。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 米国カーネギーメロン大学の研究者らが、AIと人間のトッププロ4人による「ヘッズアップノーリミットテキサスホールデム」(ポーカーの1形式)の大会を開催。AI側が約177万ドル分のチップを獲得し、勝利を収めたことを発表しました

 同大学は2015年にも同様の試みを行っていますが、このときは人間側が勝利しています。


画像

 「BRAINS VS. AI: UPPING THE ANTE」は、1月11日から20日間にわたって開催。Tuomas Sandholm氏らが開発したAI「Libratus」がプロのポーカープレイヤー4人と、テキサス・ホールデムで12万回対戦しました。同AIの運用には、ピッツバーグ・スーパーコンピューティング・センターが協力。また、プレイデータの分析結果からアルゴリズムが改良され、日々強化されていきました。人間に対し、ブラフをかけることもできたようです。

 最終的にはAI側が約177万ドル(日本円換算で約2億円)分のチップを獲得し、Tuomas Sandholm氏は、この勝利を「不完全な情報で戦略を立てるAIの能力が、人間を越えた」と祝福。将来的には類似のシステムを使って、商談や軍事戦略などの分野における自動意思決定システムを構築できる可能性があるとしています。

 ちなみに、参加したプロプレイヤーらは試合結果に応じて賞金20万ドルを山分けすることになっており、負けた分の金額を実際に支払うわけではありません。今回の大会では人間側が敗北を喫したものの「普通は経験を積むためにたくさん負けて、たくさんお金を失わなければならない。でも、今回はそういうことにならなかった」「強い対戦相手の存在は、ポーカープレイヤーのレベル向上につながる」と肯定的なコメントを残しています。

開発者、プロプレイヤーのインタビュー動画

画像 プレイ画面はこんな感じ


画像画像 AIと対戦してプロプレイヤー同士で賞金を奪い合うルールだったためか、人間側も真剣だったようです

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」