ニュース
» 2017年02月03日 07時30分 公開

博物館に置いてありそう 古風でオシャレなインスタントカメラがクラウドファンディング中

チェキ用フィルムで手軽に撮れます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 博物館級に古風なデザインのインスタントカメラ「Jollylook」が、クラウドファンディングサイトのKickstarterに登場しました。富士フイルムの「チェキ」用フィルムを使い、手軽に撮影できます。


本体 ジャバラが赤いのがJollylook。本物のビンテージカメラと並べても違和感ない

 サイズはスマートフォンの外箱程度。フタを引き出すとジャバラが伸び、古典的なスタイルのカメラに変形します。撮影時にはビューファインダーを引き出してシャッターをパチリ。ハンドルを回すとフィルムが引き出されます。このひと手間が、ちょっと楽しそう。


通常時 収納時はスマホの外箱のよう

展開 フタを開けるとカメラに変形

ファインダー ファインダーを引き出して……

シャッター 被写体をパチリ

ハンドル ハンドルを回すとフィルムが出てきます

 ボディの素材はほぼ再生紙。シャッターも絞りも厚紙とラミネート紙でできています。絞りはf/8、f/11、f/16、f/22、f/32、f/45、f/64の7段階に調整でき、ピンホール撮影も可能。


ダイヤル ダイヤルで絞りを調整

 35ドル(約4000円)の支援で、本体とフィルムカートリッジ1個のセットが入手可能。出荷は6月以降で、海外発送にも対応しています。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」