ニュース
» 2017年02月03日 20時35分 公開

ワンフェスに映画「シン・ゴジラ」特設ブース登場 撮影でも使われた「第5形態雛型」が初公開

ラストカットに登場した意味深なあの第5形態が生で見られます。

[宮原れい,ねとらぼ]

 幕張メッセで2月19日に開催される「ワンダーフェスティバル 2017(冬)」に、映画「シン・ゴジラ」の特設ブースが登場。劇中のラストカットに登場した第5形態の雛型が初公開されます。


シン・ゴジラ 第5形態雛型 ワンダーフェスティバル 2017 冬 シン・ゴジラ 第5形態雛型

 「第5形態雛型」の制作は第2〜第4形態と同じく竹谷隆之氏。映画本編では他の形態同様に3Dスキャンで制作されたCGではなく、直接スチールカメラで撮影した映像が実際に使用され“撮影用造形物”でもある雛型ということで、かなり貴重な展示となっています。また同時に第2、第3、第4各形態の雛型も展示されるので、変化の過程も生で確認できます。

 さらにブース内では庵野秀明総監督がプロデュースした「シン・ゴジラ 第4形態レプリカフィギュア キット版」を360体限定で販売。撮影用の雛型を元に海洋堂が製作したソフトビニール製のキット版で、価格は6万円(税込)です。


シン・ゴジラ 第5形態雛型 ワンダーフェスティバル 2017 冬 画像は原型元の第4形態雛型

 他にも公式資料集「ジ・アート・オブ シン・ゴジラ」(関連記事)をはじめとするさまざまなゴジラグッズが販売予定の特設ブースは、会場の「3ホール04」に設置されます。

 なお、同イベントに参加する際には入場チケット兼用の公式ガイドブック(2500円)が必要になるので、公式サイトなどで事前に確認しておきましょう。


シン・ゴジラ 第5形態雛型 ワンダーフェスティバル 2017 冬シン・ゴジラ 第5形態雛型 ワンダーフェスティバル 2017 冬 公式資料集「ジ・アート・オブ シン・ゴジラ」

TM&(c)TOHO CO.,LTD

(宮原れい)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」