50代からは「ネット足長おじさん」になったほうがいいかも

口を出さずに金を出す! 星井七億の連載「ネットは1日25時間」。

» 2017年02月04日 17時00分 公開
[星井七億ねとらぼ]

 先日、東洋経済オンラインが「50代からはSNSのカリスマ論客になれ」といった旨の記事をアップして話題になりました。といっても私の見渡す限り批判的な意見が多かったのですが、観測範囲でのみ批判が目立っただけの可能性があり、もしかするとベンチャー企業社員のFacebookあたりでは絶賛されていたのかもしれません。簡単に概要を説明すると「50代からのネット利用はインプットしたものは反論など恐れずどんどんアウトプットしろ。そうすればSNSで一目置かれる存在になれるぞ」というものです。

 確かにインプットとアウトプットは重要であり、衰えを物ともせず勉強と表現に尽力する50代とは理想的な姿ではあるのですが、そこに「一目置かれる存在になりたい」という意識が介入した時点で、悪魔の毒々ネットモンスターが誕生します。能動的な「目立ちたい」という意思はどうしても無謀かつ押し付けがましい行動につながりやすいからです。

 蓄えた知識をしっかりと提供してくれるだけならまだいいのですが、「教えてやる」という姿勢のほうが先攻している口うるさい中年は、いつだって煩わしいものです。ただでさえノイズが多いSNSなら尚更で、なにより「SNSのカリスマ論客になってやる!」と息巻いている50代の姿はただそれだけでなかなか厳しいものがありますし、往々にしてなれません。「なれる能力のある人」は望んでなくてもなってしまっているものです。

 では若者がユーザー数の大勢を占め、今後もその割合が顕著になるネットにおいて、50代からはどのような振る舞いを取ればいいのでしょうか。他人に迷惑かけない限りはなんだっていいだろう、というのが百点満点の大正解ではあるのですが、今の時代だからこそ50代という若者にないコンテンツを携えた年代の人間にできることがあるはずです。

 そこで私は、「ネット足長おじさん」になる可能性を提示したいと思います。

星井七億コラム

クラウドファンディング隆盛の時代

 50代という年齢は仕事において働き盛り。最も経験や知識が現場の第一線で求められる世代であり、一方で既に後進の育成に力を注がなくてはならない年頃です。また多くの若者に比べてある程度の経済力を持ち合わせているものであり(今の時代だとそれは一概に言えない部分もありますが)、魅力的なコンテンツや人をお金で支援する側に回ることも多くなるでしょう。

 日本のネットではクラウドファンディングがずいぶん定着してきました。クラウドファンディングによる出資で完成した片渕須直監督の映画「この世界の片隅に」は高い評価を得て現在もロングヒットを記録しています。

 出資者の名前がスタッフロールに載るというのも非常に魅力的なリターンでした。クラウドファンディングサイトの乱立は出資する側からすると登録などの面で面倒くさいところもあり考えものなのですが、それでも「生み出せる人を経済的に支える」という行動が浸透し、出資された側がしっかりと結果を残すようになっているのは素晴らしいことです。

 経済力に余裕があり、知識が抱負な50代に求められているのは、一銭も生み出さず他者のストレスを生み出すカリスマ論客を目指すことよりも、クラウドファンディングなどで魅力的な企画に出資してサポートに回ることなのではないでしょうか。つまりは「足長おじさん」になるのです。

 私自身はあまり経済的に豊かな方ではないのですが、それでもこれまでにクラウドファンディングで多くの企画に出資してきました。単純にこの企画の完成形が見たい、という気持ちのときもありましたし、この企画の成功には“私にとって”大きな意義がある、という考えのもとに出資することもあります。リターンのおいしさに目がくらんだことも少なくありません。

 自分に能力がなくてできそうもないことを、能力とやる気のある誰かに「お金」という一番分かりやすく割り切りのいい形で託すというのは単純に楽であり一番有効なのです。

 かなり厳しいことを言うようですが、「カリスマ論客になってやる!」という中年が無鉄砲に一銭にもならぬ情報を吐き出すよりも、黙ってお金だけを差し出していたほうがはるかに建設的があり、誰かや自分のためになるものです。

 どんな業界でも「口は出すけど金は出さない」という人間には一番価値がありません。生み出す人間と支える人間という関係は尊いものです。下衆な話をすれば、この企画は私が支えたのだという自負と企画者からの感謝はある程度の承認欲求を満たし自尊心を保つ効果もあります。

星井七億コラム

「お客さま」になってはならない

 クラウドファンディングの魅力の一つは出資者に対するリターンありきという部分です。当然、出資を求めていた企画者が、お金を回収していながら企画を十分に履行できていなかったり、リターンの中身があまりにも出資額に伴っていなさすぎると責任を求められても仕方がないでしょう。

 とはいえ、出資する際に気を付けないといけないのは、お金を出してリターンを得るという点をもって「お客さま」の意識を抱いてはならないということです。

 個人差は当然あるものの、人間は歳を重ねると自尊心が肥大化しがちで、態度が横柄になりやすく、自分の思い通りにならないことにいら立ちを覚えることが多くなってしまうもの。その中で「お客さま」としての意識が強くなってしまうと、企画者に際限なく要求をするようになってしまいます。

 それでは単にお金の力でものを言っているのと一緒であり、下手をすれば企画の私物化をもくろんでいるのだと思われても仕方ありません。それで企画にガタが生じたら元も子もなく、それこそ先の「カリスマ論客目指しマン」の醜態そのものであり、お金が絡んでいる分だけさらに厄介です。

 リターンを求めることはもちろん大事ですが、あくまで企画の理念や展望、企画者への信頼性に投資をしたのだと思うことが重要です。ドラゴンボールで例えるならば、悟空に元気を分け与えるかわりに敵を倒してもらうのと一緒です。悟空に対し「元気を分けたのだから地球を俺好みにしろ」と言ってはなりませんし、悟空が戦いを放棄したならともかく死に物狂いで戦っても負けることもあるのは前提にしていないといけません。

 もっとも世の中にはクラウドファンディングで多くの人の期待とお金を回収しないと作ることができなかったコンテンツを「マグレ当たり」と表現したり「お金の奴隷から解放!」と言ってバラまくような人もいるので、信頼にお金を出すというのはいささかハードルの高い部分もあるかもしれません。ですが、そういった信頼や価値を見抜く目にこそ、50年も生きてきた蓄積がまさに試されているのではないでしょうか……という、長々と押し付けがましい意見でした。

星井七億

 85年生まれのブロガー。2012年にブログ「ナナオクプリーズ」を開設。おとぎ話などをパロディー化した芸能系のネタや風刺色の強いネタがさまざまなメディアで紹介されて話題となる。

 2015年に初の著書「もしも矢沢永吉が『桃太郎』を朗読したら」を刊行。ライターとしても活動中。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/23/news213.jpg YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  2. /nl/articles/2405/23/news036.jpg 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  3. /nl/articles/2405/24/news143.jpg 清原翔、約4年ぶりの“顔出しショット”が雰囲気変わりすぎて「別人みたい」 脳出血&3回手術後初のヒゲ解禁姿に「ポニテかわいい」「いい感じにダンディ」
  4. /nl/articles/2405/24/news017.jpg 猫の見た事ない姿に「未だかつてこれ以上の2度見は見た事がありません」「可愛すぎて10回見た」 爆笑の瞬間が640万再生
  5. /nl/articles/2405/23/news204.jpg 「天才現る」 “富士山ローソン”を迷惑かけず撮影できる!? “持ち運べるローソン”が「商品化して」と話題
  6. /nl/articles/2405/24/news135.jpg “元めちゃイケ”三中元克、卒業後8年で見た目もスキルも「別人レベル」になっていた “クビ体験”披露する貫録たっぷりの姿に共演者「元力士」「迫力ある」
  7. /nl/articles/2405/24/news128.jpg hitomi、48歳を迎え“急激な変化”に驚き 「少ないと思っていたんだけど」「48歳だもんね〜」
  8. /nl/articles/2405/24/news020.jpg 1歳妹の「いってらったぁい」に小学生兄がもん絶して…… かわいいが連鎖する朝の光景に「かぁぁぁって声でた」「朝からホンワカ」
  9. /nl/articles/2405/24/news026.jpg 「そんなバカな」 喫茶店で“ウインナー・コーヒー”を注文→出てきた予想外の商品に驚がく「ちょっと動揺」
  10. /nl/articles/2405/22/news098.jpg 「最高過ぎる」「すげー!」 ChatGPTに“手書きメモ”をアップすると…… 仕事がはかどる“衝撃の機能”に歓喜の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評