ニュース
» 2017年02月06日 21時47分 公開

モタモタ……モタモタ…… 高い木から降りようと奮闘するタヌキの様子がどんくさくてかわいい

タヌキ「っべー」。

[橘 慧,ねとらぼ]

 とりあえずやってみたけど後のことは考えていなかった……。という無謀なチャレンジをしてしまうことは誰しも経験があるはず。そう、このタヌキもです。名古屋市にある東山動植物園で撮影された、タヌキが木から降りる一部始終をおさめた動画がめちゃくちゃカワイイ! と話題になっています。

 Twitterユーザーであるまっちゅんさん(@a_machun)が投稿したのは一匹のタヌキが木からゆっくり降りる様子。ゆっくり慎重に降りていこうと奮闘するタヌキですが、実はこの木、結構な高さがあるのです……。どうするの。


画像 「このぐらいだったらイケそうな気がする」という過信あるある

 枝が交差する場所でたまに見せる表情には「アカン」「ヤバイ」という文字が浮かんで見えるような。スマートに降りていくというよりはモタモタ……モタモタ……という不器用さに、「がんばれー」「次はいけるよー」と思わず声援をおくりたくなる! タヌキ応援上映とかあったら一番盛り上がるシーンに違いない。


画像 「っべー……(アカン)」

 前のめりになって頭の方向から降りるよりも手足を駆使してヨジヨジ後退する方法を選んだあたり、かしこいかわいい。でもやっぱりめちゃくちゃどんくさいじゃないですか、やだー。仲間も心配そうに下から見上げています。


画像 バックします(決意)

画像 「ちょっと待ってほしい、これ結構キツいんだが?」という焦りもみえる

画像 なんとか降りられたタヌキに駆けよる仲間たち。「よかった」「よかったね」

 木の幹にしがみつきながら降下作戦を遂行。ズズズズズ、ガサガサ、ガッという音からも「こっちは爪たてて頑張ってんだよ!」という必死さが伝わってきます。無事に地上へたどり着いたタヌキの元へ集まる仲間たちの絆にほっこり。しかしながら、なぜ登ってしまったのか。一時のテンションに身を任せるとこうなるよね……。無茶しやがって……。

 実はこの降下作戦は2回目のチャレンジだったようで、1回目は途中の枝に引っ掛かって計画がずれたらしく、一度登り直していたのだとか。どこまでどんくさかわいいんだ! どうぞこれからの木登りは計画的に。でも、このタヌキならまた絶対やらかしてくれるんじゃないかな(期待)。ケガには気をつけてほしいものです。


画像 1回目のチャレンジではこの表情である。どんくさかわいいバンザイ!

動画・画像提供:@a_machunさん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」