ニュース
» 2017年02月09日 07時00分 公開

ちょっと触っただけでウロコが取れる新種のヤモリ発見 ピンク色のつるつるボディーがきもかわいい

とかげのしっぽ切りのように、うろこがポロリ。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 マダガスカルで、ちょっと触っただけでウロコが脱げてしまう新種のヤモリ「Geckolepis megalepis」が発見されました。むきだしになった皮膚が少し気持ち悪いので、人によっては閲覧注意かも。


画像 まったくヤモリに見えない

 「トカゲのしっぽ切り」という言葉がありますが、ヤモリには捕食されそうになったとき、うろこが取れて逃げやすくなる種が存在します。今回発見された新種はその中でも特にうろこが脱げやすく、少し触っただけでも反応してしまう「Geckolepis」に属します。うろこは数週間と短期間で再生し、取れる際に傷もつかないのだそう。

 「Geckolepis megalepis」には、他のヤモリに比べてはるかにうろこが大きいという特徴が。これによりうろこがくっついている面積が表面積に対して小さくなっているため、簡単に取れるのではないかと研究者らは推測しています。下にあるピンク色の皮膚がむきだしになった姿はゆで卵のようにつるつるで、かわいいような気持ち悪いような……。とにもかくにもまったく別の生物のような見た目です。


画像画像 ヤモリの新種「Geckolepis megalepis」


画像 ちょっと触っただけでうろこがポロリ

 ちなみに、この手のヤモリの研究はとても難しい分野なのだそう。は虫類の種を特定する方法として、“うろこのパターンを見る”というものがあるのですが、すぐに取れてしまうため、成体になるまでパターンを保持できないためです。数年前に10を超える種が存在することが明らかになったものの、それまでは3、4種しかいないと考えられていました。今回の研究ではX線を使った骨格比較を行うことで、このような課題を克服しています。


画像


画像 「Geckolepis megalepis」の骨格

マッハ・キショ松

関連キーワード

キモかわいい | トカゲ | 爬虫類


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2010/24/news035.jpg 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  2. /nl/articles/2010/24/news016.jpg 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. /nl/articles/2010/24/news004.jpg 「うちの子に何するニャ!(怒)」 子猫を守ろうと、父猫にパンチをくらわせる母猫がたのもしい
  4. /nl/articles/2010/23/news160.jpg 「こんな禰豆子は嫌だ」 マンウィズ、満を持して『鬼滅の刃』コスプレ披露 人間の流行にちゃっかり乗ってしまう
  5. /nl/articles/2010/23/news015.jpg 子猫「えいっ、やあっ!(コテッ)」 ぬいぐるみに戦いをいどむ子猫がずっと見ていたくなるかわいさ
  6. /nl/articles/2010/23/news131.jpg 「たまたまそこに居合わせただけ」で死にかけた不運な男 接触事故を起こしたクルマが横転、背後から転がり迫ってくるシーンを捉えた映像が怖すぎる
  7. /nl/articles/2010/23/news021.jpg 「嫌よ!」「個人情報じゃない!」って言わないで なぜ薬局で保険証提示が必要なのかを説明する漫画が分かりやすい
  8. /nl/articles/2010/23/news092.jpg 1年間ケアし続けた“爪”のビフォーアフターが衝撃 「爪の形って変わるの!?」「私もがんばろ」
  9. /nl/articles/2010/23/news102.jpg キバvsキング 「ルパンの娘」瀬戸康史&新納慎也の対決実現に仮面ライダーファン歓喜 放送局を超えた猛プッシュに「公式でも言っちゃったよ」
  10. /nl/articles/2010/22/news072.jpg 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」