ニュース
» 2017年02月09日 16時49分 公開

新たなカタツムリがオーストラリアで発見 赤と緑の体色が刺激的

世界的な生物学者、デイビッド・アッテンボロー氏の功績を敬して「アッテンボローリオン・ルビカンダス」と命名されました。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 オーストラリアで新属のカタツムリが発見されました。オーストラリア博物館のブログにて、赤と緑を基調としたカラフルな姿が紹介されています。グロテスクともかわいいとも言い切れない、不思議な色合い。


新属カタツムリ イチゴのような赤と、ピクルスのような緑が刺激的

 全体的にはくすんだ緑、頭部及び底面は赤で彩られた体色。殻は身体を収納できない程度に小さく、粘液で覆われています。このことから、ナメクジ(スラッグ)とカタツムリの間にある、「セミスラッグ」と呼ばれているそうです。

 地元メディアによると、この新属はタスマニア州のタスマン森林公園で2016年12月に発見されたとのこと。名称の決定とあわせて、この2月に発表されたようです。発表された名前は、「アッテンボローリオン・ルビカンダス」。野生生物のドキュメンタリー制作で数々の功績を残した生物学者、デイビッド・アッテンボロー氏に敬意を表して命名されました。

 アッテンボロー氏は「博物館や自然科学者が自分や家族の名を差し置いて、他者の名を新種に冠するとは、これほどのほめ言葉はありません」と喜びのコメント。なお、こうしたケースは彼にとって初めてではなく、アマゾンで発見された新種のチョウ「Euptychia attenboroughi」など、多くの生物に「アッテンボロー」の名がとり入れられています。


チョウ Euptychia attenboroughi(EurekAlertより)


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」