ニュース
» 2017年02月09日 16時49分 公開

新たなカタツムリがオーストラリアで発見 赤と緑の体色が刺激的

世界的な生物学者、デイビッド・アッテンボロー氏の功績を敬して「アッテンボローリオン・ルビカンダス」と命名されました。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 オーストラリアで新属のカタツムリが発見されました。オーストラリア博物館のブログにて、赤と緑を基調としたカラフルな姿が紹介されています。グロテスクともかわいいとも言い切れない、不思議な色合い。


新属カタツムリ イチゴのような赤と、ピクルスのような緑が刺激的

 全体的にはくすんだ緑、頭部及び底面は赤で彩られた体色。殻は身体を収納できない程度に小さく、粘液で覆われています。このことから、ナメクジ(スラッグ)とカタツムリの間にある、「セミスラッグ」と呼ばれているそうです。

 地元メディアによると、この新属はタスマニア州のタスマン森林公園で2016年12月に発見されたとのこと。名称の決定とあわせて、この2月に発表されたようです。発表された名前は、「アッテンボローリオン・ルビカンダス」。野生生物のドキュメンタリー制作で数々の功績を残した生物学者、デイビッド・アッテンボロー氏に敬意を表して命名されました。

 アッテンボロー氏は「博物館や自然科学者が自分や家族の名を差し置いて、他者の名を新種に冠するとは、これほどのほめ言葉はありません」と喜びのコメント。なお、こうしたケースは彼にとって初めてではなく、アマゾンで発見された新種のチョウ「Euptychia attenboroughi」など、多くの生物に「アッテンボロー」の名がとり入れられています。


チョウ Euptychia attenboroughi(EurekAlertより)


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響