ニュース
» 2017年02月12日 11時30分 公開

真面目な自伝本「夫のちんぽが入らない」が新聞広告に掲載……も、タイトルが「入らない」 斬新な広告デザインが話題に

一度は掲載を断られていました。

[ねとらぼ]

 主婦ブロガー・こだま先生による衝撃の自伝「夫のちんぽが入らない」の新聞広告がこれまた衝撃を呼んでいます。なんと、広告のどこを見てもタイトルが載っていない……!

朝日新聞広告 確かにどこを見てもあるはずの書籍名がない

 話題となっているのは、2月12日発行の朝日新聞に掲載された広告。なぜタイトルや書影がない斬新な広告デザインとなったのか? ねとらぼの取材に対し出版元の扶桑社は「直接的な性的表現は掲載できない審査規定があったため」と説明してくれました。やはりそうでしたか……。


 「夫のちんぽが入らない」はこだま先生の自伝作品。学生時代から交際していた夫との半生を「私」の視点で赤裸々に振り返っています。もともとは2014年に同人誌として発表されましたが、同人誌は発売されるなり即完売。重くつらい経験を独特のユーモアを交えてつづり、大きな支持を得ました。そんな伝説的な作品を大幅に加筆修正したものが、扶桑社から出版された新バージョン。

 同書が発売されたのは1月18日。担当者によると、扶桑社は今年(2017年)のはじめごろから発売日に合わせた広告の打診をしていましたが、なかなか掲載には至っていませんでした。当初朝日側からは「広告の掲載自体不可」とも言われていましたが、それならばと現在のデザインをダメ元で提案。社内からは「タイトルと書影が無いのに本当に広告になるのか?」「やはり却下されるのでは?」と不安視する声も出たそうですが、意外にも審査が「通ってしまった」とのこと。結果的にタイトルをぼかした斬新な手法は話題を呼び、宣伝としては大成功と言えそうです。

真面目な自伝本「夫のちんぽが入らない」が新聞広告に掲載……も、タイトルが「入らない」 斬新な広告デザインが話題に 広告への掲載がかなわなかった書影


 なお扶桑社は他の全国紙にも広告依頼を出しており、近日中に毎日新聞での掲載も控えているとのこと。毎日新聞では小さくタイトルも掲載されるそうですよ!

朝日新聞広告 何が入らないんだろう? と、気になって調べたくなりますね

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる