チョコに「シソ」を巻くレシピは本当にアリなのか? いろんなチョコで実践してみた

「ブラックサンダー ダークマター」がいいぞ!

» 2017年02月12日 11時00分 公開
[高橋ホイコねとらぼ]

 NHK「あさイチ」で、ベルギーチョコレートの奇才ともいわれるショコラティエのピエール・マルコリーニ氏が斬新なレシピを紹介していました。そのレシピとは、生クリームで溶かしたチョコレートに日本酒を加え、固まったら黒ごまをまぶして、さらにシソで巻くというもの。

チョコ全種類の写真 あさイチで紹介された「カレ ジャポネ」(「あさイチ」公式サイトより)

 つやつやに光ったテロテロにおいしそうなチョコをシソで巻くとはどのような味なのか。ネットでも「チョコとシソ!??!?」とその組み合わせに驚く人たちが。そこで、いろんなチョコにシソを巻いたらどんな味になるのか試してみました。

チョコ全種類の写真 用意したチョコは全部で18種類

用意したチョコ一覧

ピエール・マルコリーニ氏のレシピで作ったチョコレート/チロルチョコ ブラックストロベリー、モーツァルトチロル/ネスレ日本 キットカット/ブルボン アルフォート/明治 アポロ、きのこの山、たけのこの里、メルティーキッス<プレミアムショコラ>/名糖産業 アルファベットチョコレート/森永製菓 DARS(ミルク・白)、チョコボール/有楽製菓 ブラックサンダー、ブラックサンダーゴールド、ブラックサンダーダークマター、ビッグサンダーIII/ロッテ クランキーチョコレート

 まずは、ピエール・マルコリーニ氏のレシピで作ったチョコです。

シソに乗っているチョコ

 このチョコをシソなしで食べてみます。黒ごまの効果もあって、石田ゆり子さんのような成熟した美しい日本女性のような味(?)がしました。確かにこの味なら、シソが合わないこともないように感じます。

 シソと一緒に食べました。

 まずい。

 ま、まずい。

 まずいっーーーーーーーー!!!!

 料理の腕がイマイチという可能性は大いにありますが、それを置いておいても許せないのが、かめばかむほど口に広がるシソの葉っぱのゴワゴワ感。そうです。これは桜餅の葉っぱ。あの葉っぱの歯触りそのもの。

 もちろん桜餅の葉っぱが好きな人もいると思いますが、私は桜餅の葉っぱは苦手です。あれはむいて食べます。

 なので「チョコ+シソ」は、かなり人を選ぶ組み合わせと言えそうです。個人的にはとてもオススメできそうにありません……。

チョコレート全種類を横から眺めた 目の前に広がる大量のチョコに気が滅入る

 ピエール・マルコリーニのチョコがまずいのに、他のチョコがおいしいわけがない。しかし、既に大量のチョコを買ってきてしまいました。これも仕事と割り切って、買いこんだ市販チョコにシソを巻いて、半ばヤケになって食べていきます。割と鬱々とした気分です。

 ところが、ところが、ピエールチョコ、メルティーキッスに続いて「たけのこの里」にシソを巻いて食べたとき、変化が起きます。

たけのこの里がシソにくるまれている シソにくるまれたタケノコはカワイイ

 だんだん、慣れてきた……?

 今までの生チョコ系のチョコと違って、嫌な感覚がありません。あら不思議、これっておいしいんじゃないかと感じるのです。逆にシソがないと物足りないというくらいの気分になっちゃいます。クッキーのようなカリカリした物が入っていると、シソの葉っぱのゴワゴワ感が気にならなくなるのがポイントのようです。

 ちなみに、たけのこの次に「きのこの山」を試しましたが、たけのこの方が断然オススメです。チョコの甘さ、クッキー・クラッカーの歯触り、分量どの点においてもたけのこの方がシソとの相性が良い印象です。シソにピッタリなチョコの甘さとカリカリ食材の量は、結構ピンポイントなようです。

シソチョコ 「きのこたけのこ戦争〜シソ編〜」はたけのこ軍の勝利

 そのピンポイントすぎるポイントに一番近い市販チョコ。今回用意した18種類のチョコで一番シソと相性が良かったのは「ブラックサンダー ダークマター」でした。

シソの上に乗ったダークマター シソの上に置くと焼肉店のデザートにも出来そうな見栄え

 チョコの味とシソの味が一体になるちょうど良い甘さ。シソが甘さをすっきりと抑えて引き立てあいます。カリカリ成分もシソのゴワゴワ感を感じさせない良い分量です。これは、好きな人は好きな味でしょう。見た目も斬新。シソの巻き方は、チョコ全体を包んで、口に入れた最初の瞬間はシソの香りを存分に楽しむ。これがオススメです。

 ここまで実験をしてわかったことは、シソに合うチョコレートとは、どこかに存在しそうだけれど、いい組み合わせを見つけるのは非常に難しいということです。実は、試したチョコレートのほとんどがまずくなりました。

シソチョコシソチョコ 「ホワイト」「ストロベリー」系は特に危険……!

 特にDARSのホワイトとアポロはやめておくことをオススメします。ストロベリーやホワイトチョコは本当にまずくなる。絶対にマネしちゃいけません。絶対にだよっ!(※全て個人の感想です)

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/1608/02/news135.jpg 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  2. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  3. /nl/articles/2402/28/news025.jpg 1歳兄、年子の弟を受け入れられず泣いて嫌がり…… 日々少しずつ近づく距離に「こうやってお兄ちゃんになっていくんですね」
  4. /nl/articles/2402/28/news018.jpg 勉強を見張りにきた鳥さん、ツッコミ殺到の“5分後の姿”が114万表示! 「頑張りすぎて脳が」「首埋まるの最高」
  5. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  6. /nl/articles/2402/27/news196.jpg 「これはダメだろ」「ただの危険行為」 街中で奇声上げ走るランナー集団が物議…… サポート役のミズノが謝罪
  7. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. /nl/articles/2402/28/news022.jpg 赤ちゃん返りした2歳長男、保育園の先生の言葉にママが号泣…… 大切なことに気付いた出来事に「いろんな部分で共感の嵐です」
  9. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  10. /nl/articles/2402/28/news086.jpg 「FINISH」のはずが「FUNISH」に…… 東京マラソンTシャツに「まさかの表記ミス」、アシックス謝罪「深くお詫び」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」