ニュース
» 2017年02月14日 22時04分 公開

味のある画像に早変わり! どんな画像もドット絵風にしてくれるWebサービス「低画質画像メーカー」が楽しい

いろいろ変換してみたくなるやつ……!

[宮原れい,ねとらぼ]

 写真やイラストなどの画像をドット絵風の低画質に変換できるWebサービス「低画質画像メーカー」が公開されています。あえて低画質にすることで、味のあるどこか懐かしい画像に早変わり。これは楽しい!



 使い方は簡単で、同サイトの「ファイルを選択する」から変換したい画像を選択すればほぼ完了。あとは自動で低画質画像が生成され「ダウンロード」ボタンから保存できます。

 変換後に「ドットのサイズ」と「色数」を変えることもできて、写真の場合はドットサイズを小さめして色数を増やせばより元の雰囲気に。書き込みの多いイラストの場合もドットサイズを小さくすることでドット感を出し、あとは色数を好みで減らすか増やすかすれば、ドット絵のタッチや雰囲気をある程度自由に変えられます。画像によってはそのパラメーターで見た目が大きく変化するものもあるので、少しいじるだけでも面白いです。


低画質画像メーカー ドット絵 変換 サイト Webサービス低画質画像メーカー ドット絵 変換 サイト Webサービス 「低画質画像メーカー」で自前の写真を変換してみる前→後

低画質画像メーカー ドット絵 変換 サイト Webサービス 色数をあげることでより凝ったドット絵風の画像になります(使用イラストは「いらすとや」から)




 開発したのは以前にねとらぼでも紹介した、Google Adwordsで彼女を募集後に急展開で交際・同棲に至り話題になった(関連記事@razokuloverさん。制作についてのブログによると、「低画質画像があるからこそ高画質が輝くのではないか」「低画質画像を絶滅させてはいけない。そんな警鐘を人類へ送るために我々は立ち上がったのだ…」というテンションで開発したとのこと。なお同ブログでは、低画質画像メーカーで良い感じの低画質画像を作るためのコツが詳しく書かれている他、注意点として「画像の縦横サイズがドットサイズで割り切れないとエラーになる」ことを挙げています。

 また使用した感想や不具合については、Twitterのタグ「#低画質画像メーカー」でツイートして欲しいとしています。



(宮原れい)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む