ニュース
» 2017年02月14日 22時04分 公開

味のある画像に早変わり! どんな画像もドット絵風にしてくれるWebサービス「低画質画像メーカー」が楽しい

いろいろ変換してみたくなるやつ……!

[宮原れい,ねとらぼ]

 写真やイラストなどの画像をドット絵風の低画質に変換できるWebサービス「低画質画像メーカー」が公開されています。あえて低画質にすることで、味のあるどこか懐かしい画像に早変わり。これは楽しい!



 使い方は簡単で、同サイトの「ファイルを選択する」から変換したい画像を選択すればほぼ完了。あとは自動で低画質画像が生成され「ダウンロード」ボタンから保存できます。

 変換後に「ドットのサイズ」と「色数」を変えることもできて、写真の場合はドットサイズを小さめして色数を増やせばより元の雰囲気に。書き込みの多いイラストの場合もドットサイズを小さくすることでドット感を出し、あとは色数を好みで減らすか増やすかすれば、ドット絵のタッチや雰囲気をある程度自由に変えられます。画像によってはそのパラメーターで見た目が大きく変化するものもあるので、少しいじるだけでも面白いです。


低画質画像メーカー ドット絵 変換 サイト Webサービス低画質画像メーカー ドット絵 変換 サイト Webサービス 「低画質画像メーカー」で自前の写真を変換してみる前→後

低画質画像メーカー ドット絵 変換 サイト Webサービス 色数をあげることでより凝ったドット絵風の画像になります(使用イラストは「いらすとや」から)




 開発したのは以前にねとらぼでも紹介した、Google Adwordsで彼女を募集後に急展開で交際・同棲に至り話題になった(関連記事@razokuloverさん。制作についてのブログによると、「低画質画像があるからこそ高画質が輝くのではないか」「低画質画像を絶滅させてはいけない。そんな警鐘を人類へ送るために我々は立ち上がったのだ…」というテンションで開発したとのこと。なお同ブログでは、低画質画像メーカーで良い感じの低画質画像を作るためのコツが詳しく書かれている他、注意点として「画像の縦横サイズがドットサイズで割り切れないとエラーになる」ことを挙げています。

 また使用した感想や不具合については、Twitterのタグ「#低画質画像メーカー」でツイートして欲しいとしています。



(宮原れい)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」