ニュース
» 2017年02月16日 17時33分 公開

コイキング、まさかの主役抜擢 ポケモン新作スマホアプリ「はねろ!コイキング」今春登場

コピーライトには、「生きろ!マンボウ!」開発元の名が。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ポケモンの「コイキング」が主役のゲームアプリ「はねろ!コイキング」(Android/iOS)が、2017年春に公開されることが判明した。公式サイトは「スクープ!謎の穴 出現!!」「平和な町に、いったい何が……!?」との見出しがおどる、UMAの発見を報じる号外のような体裁で告知している。


号外 公式報道。左下の「コイキングやき」広告は、コイキング特設サイトへリンクしている

 号外記事にはコイキング型の穴が開いたゲーム画面が、スクープ画像として掲載されている。穴は最大幅約90センチと公表されており、コイキングの公式設定サイズに合致。発見者のつりアニキ氏(27歳、釣り堀経営)は、「轟音とわずかな揺れを感じてその方向に向かったところ、不思議な形の穴が開いていて驚いた」との旨を述べている。


コイキング ポケモンだいすきクラブより、コイキングの公称データ。高さは0.9メートルで、穴の大きさと合致する

 アプリの詳細は定かではないが、記事下部のコピーライト表記にわずかな手がかりが。「Developed by SELECT BUTTON inc.」と、育成ゲーム「生きろ!マンボウ」開発元の協力が示されている。

 アプリ名といい(イメージが先行している面も含めた)か弱さといい、マンボウとコイキングには類似点がみられる。ここから、「はねろ!コイキング」はコイキングを育成するゲームとも推測できるが、憶測の域を出るものではない。件の穴が発見された自治体では、原因の究明が進められており、調査結果が待たれるところだ。

(C)2017 Pokemon. (C) 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc. Developed by SELECT BUTTON inc.
※画面は正式バージョンの開発中のものです。

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ