難病の親友を救うためギャグをかまし続ける女子高生 漫画「NKJK」がコメディなのに切ない

漫画レビュー連載「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第81回。幼馴染のためにピエロになりきる彼女は救われるのか。

» 2017年02月18日 21時00分 公開
[虚構新聞・社主UKねとらぼ]

 ねとらぼ読者のみなさん、こんにちは。虚構新聞の社主UKです。

 昨年読んだ作品の中から良作10本をランキングで紹介する前回の特集企画「このマンガがすごい!にランクインしなかったけどすごい2017」、たくさんご覧いただきありがとうございました。1位の「ニュクスの角灯」を始め、どれも読み応えある作品ばかりなので、ぜひご覧ください。

 さて、今回紹介するマンガは、「月刊アクション」(双葉社)から吉沢緑時先生の「NKJK」(全2巻)。難病で入院している同級生の命を救うため、女子高生の主人公が奮闘するコメディ作品です。

 難病を患った友人を救う作品がなぜコメディなのか。この逆説が本作何よりの面白さでもあり、魅力でもあります。

NKJK 吉沢緑時 「NKJK」1巻試し読みはこちら (C)吉沢緑時/双葉社

難病を患う幼馴染のため道化になる

 「私の腕の中で… 担架の上で… 真っ赤に染まっていく幼馴染を前に 私は真っ白で 何も出来ませんでした」

 西宝夏紀幼馴染・富士矢舞が倒れたのは、2人が入学した名門女子高での最初の授業でした。以来入院生活を送ることになった富士矢さんの病室を、幼稚舎以来ずっと仲の良かった西宝さんは毎日のように見舞いに訪れます。

 しかし、ある日彼女が耳にしてしまった、富士矢さんは現代の医療では快復の見込みが少ない難病を患っているという事実。西宝さんは涙に暮れる富士矢さんの母からある頼みを託されます。

 「舞を笑わせてあげて頂けないでしょうか?

 人体には免疫力を高める「NK(ナチュラルキラー)細胞」があり、NK細胞は笑いによって活性化される――。

 そこに少しでも未来への光明が見出せるならと、これまでバラエティ番組を見たことすらなかった西宝さんの「笑い」への挑戦が始まります。

NKJK 吉沢緑時 西宝さんの笑いへの挑戦が今始まる……!

 「こ…このDVDすこぶる面白いウマ〜」

 次に病室を訪れた西宝さんは馬の被り物で登場。語尾が「ウマ」になる馬キャラを演じるも、いまいちネタが伝わっていないことに気付くやいなや、さらにその上から鼻眼鏡という、被り物に被り物をかぶせるネタで挑むものの、あまりの豹変っぷりに富士矢さんからは困惑を買うばかり(そりゃそうだ)。

 舞台である病室からいったん外に出て仕切り直し。次に彼女が取り出したのは「熱々おでん」。そう、熱湯風呂に並ぶリアクション芸の王道であり古典、かつ伝家の宝刀でもある、あの熱々おでんです。

 煮えたぎるちくわぶを、富士矢さんの箸から震える唇に受け取ろうとする西宝さん。直後まさかの箸滑りでちくわぶが胸元にダイレクトに入り込むハプニングによって、口から泡を吹くほど熱がるリアクションを見せることになりますが、それが功を奏して富士矢さんの笑いをゲット。NK細胞もさぞ活性化したことでしょう。

 さて、それまで笑いの「わ」の字も知らなかった西宝さんが、どうやって短期間にしてプロ顔負けの熱々おでん芸を会得するまでに至ったのか。その秘密は彼女が常に持っているタブレットの中にありました。

 カバンから取り出すそのタブレットの中には「腹話術」「キレ芸」など、お笑いで使われるさまざまなネタと、それぞれに対して富士矢さんが示した反応をまとめたリストが。馬の被り物が受けなかったためか、「仮装」欄の横には早くも×印が付いています。

NKJK 吉沢緑時 あらゆるお笑いネタが網羅されたリスト。よくぞここまで!

 それにしても、笑いに関する書物や動画を閲覧し、彼女なりに解析したというこのリストは本気ですごい。大道芸ジャンルには「腹話術」以外に「猿回し」や「人間ポンプ」、落語ジャンルには「古典落語」「新作落語」「大喜利」、漫才・コント・フリートークジャンルはさらに「キャラ」と「ネタ」に細分化され、キャラカテゴリには「毒舌・暴露系MC」「勘違いナルシスト」、ネタカテゴリには「ノリツッコミ」「スベリ芸」「不謹慎・差別ネタ」など、古今東西お笑いの全てがこのリストに網羅されているのではないかと思えるほど。今数えてみたら優に100を超えていました。彼女の親友への想いの強さがここからも垣間見えます

コメディの根底に漂い続ける、哀愁

 その後西宝さんは病室を訪れるたび、落語、自虐ネタ、マジック、謎かけなどネタリストの中からチョイスして練習した爆笑ネタを次々と披露。ある時は大ウケし、またある時はどんずべり、一進一退の攻防を繰り広げます。

 そんな「ひとりエンタの神様」という一面を見せながらも、本作を何より特徴づけているのは、個々のネタの出来不出来より、むしろ作品の根底に漂うペーソス(哀愁)です。

 もともと大人しくて礼儀正しい西宝さんが、熱々おでんや全く似てない物まねなど本来のキャラを捨て、若手芸人のごとく体を張ってまで必死になる理由は、親友の命を救うためだということを忘れてはいけません。これがただのギャグマンガなら、ただその場で笑って終わる話ですが、その笑いが親友の生死に直結している状況だと、同じネタでも見え方が全く違う。

 「ダッダーン!ボヨヨン!ボヨヨン」というおっさんホイホイネタを叫んで滑る姿でさえ、病に蝕まれる親友の命がかかっていることを思い浮かべながら読めば、その印象は大きく変わるはずです。笑いって本当に難しい。

 「私がしてきたのは… ただ不謹慎なだけの… 間抜けで無駄な行為だったんじゃないか

 懸命の努力にもかかわらず、日々悪化する病状を前にした彼女の自問も深く突き刺さります。この死のにおいこそが本作の笑いをより複雑で深いものにしているのです。

NKJK 吉沢緑時 「NKJK」2巻

 本作最終巻となる2巻の表紙には、1巻と全く同じレイアウトながら、前巻では西宝さんの隣にいた富士矢さんの姿がありません。これが何を示唆しているのか、ぜひ実際に読んでその結末を確かめてみてください。

 最後に「間抜けで無駄な行為だったんじゃないか」という苦悩に対して、西宝さんの笑いの師匠であり自らも難病を患う少女・榎本凛の言葉を引きながら、今日はこれにて筆を置きたいと思います。

 「いわゆる『健常者』は図らずも病人を腫れ物扱いするもんなんや つい距離を置いて… よそよそしく接してしまう…」

 「それが普通や… 仕方ない…」

 「ただ… そんな中… 周りにどう思われようがアホな真似ばかりしてくれる身近な存在…」

 「それがどれっだけうれしいか…」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/29/news029.jpg 彼女が「ほんまやめて」と嘆く“彼氏の撮影”が1231万表示 電車で見ちゃダメな傑作に「歯磨き中に吹いた」「どう撮ったらそうなるの?」
  2. /nl/articles/2405/29/news048.jpg 夜道をさまよう子犬を見た、幼い息子の一言に「ハッとします」「何度見ても涙が…」 天使のような優しさに95万再生の反響
  3. /nl/articles/2405/28/news145.jpg 四肢欠損症のママタレント、第1子出産時に受けた“心ない言葉”明かし悲嘆「心がとても痛みました」「私は甘えたのではない」
  4. /nl/articles/2405/29/news027.jpg 1歳娘、海外赴任帰りのパパを見た瞬間…… 涙なしには見られない“再会”に「かわいすぎる!!」「よかったねえええ」
  5. /nl/articles/2405/29/news031.jpg 【今日の計算】「7−7×7+7」を計算せよ
  6. /nl/articles/2405/29/news014.jpg 土を使わずペットボトルでイチゴを育てたら…… 225日後の夢のような光景に「とんでもなかった!」「アイデアの勝利ですね」
  7. /nl/articles/2405/28/news043.jpg 大雨の中ソロキャンしてたら思わぬ客が…… そばを離れず寄り添う姿に「楽しさ100倍やん笑」「優しいひとには寄ってくる」
  8. /nl/articles/2405/29/news159.jpg 83歳・巨人OB張本勲の“激変”姿に驚きの声 「一気にお爺さんになった」「人間ってこんなに激変するものなのか」
  9. /nl/articles/2405/29/news071.jpg 浅野温子、金髪ボブの“激変”姿が話題 デコルテ露出のタイトなドレス姿に「かっけー」と注目の声も
  10. /nl/articles/2405/29/news015.jpg 子犬のころはタヌキのようだった愛犬、成長すると…… 激変のビフォーアフターに「1匹で3度美味しい」「かわいい事に変わり無い」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評