ニュース
» 2017年02月19日 13時00分 公開

やはりゴジラの尻尾には人間が? 「シン・ゴジラ」第5形態雛形がワンフェスで初公開、禍々しい姿を目撃

人間には近いけど、細部は人間離れしている……思考が止まらない造形。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 得体の知れない骨のようなものが積み重なり、絡み合い、溶け合い、1つの巨大な塊をなす。映画「シン・ゴジラ」のラストカットに登場したゴジラ第5形態の“雛形(ひながた)”が、19日幕張メッセ開催「ワンダーフェスティバル 2017(冬)」の「シン・ゴジラ」特設ブースで初公開された。以下、映画のネタバレもあるのでご注意を。

シン・ゴジラ 第5形態 雛形 ワンフェス 「シン・ゴジラ」ブースに初公開されたのは……

シン・ゴジラ 第5形態 雛形 ワンフェス ゴジラ、第5形態雛形。禍々しい……

 同作のラストでは凍結したゴジラの尻尾がアップになり、人骨のようなクリーチャーが無数に絡みあっているビジュアルがさまざまな憶測を呼んだ。こちらはゴジラの第5形態と呼ばれ、劇中ではCGではなく、雛形を直接スチールカメラで撮影した映像を使っている。つまり会場で展示されている雛形は、スクリーンに映し出された第5形態そのままの姿というわけだ。

シン・ゴジラ 第5形態 雛形 ワンフェス 左側からみた様子

シン・ゴジラ 第5形態 雛形 ワンフェス 尻尾の一番先にあたる部分。いくつも口があるようだ。左の人間のような造形の背中には、ゴジラの背びれのような何かが付いている

シン・ゴジラ 第5形態 雛形 ワンフェスシン・ゴジラ 第5形態 雛形 ワンフェス 人骨のような部分は、目のくぼみがない、ギザギザとがったキバなど、人間離れしている

 雛形は高さ1080ミリ、幅530ミリ、重さは台座も含め20キロ。さまざまな生物の亡骸が溶け合っているような造形は地獄絵図のようで禍々(まがまが)しい。つい目が行ってしまう人骨のようなクリーチャーは、目のくぼみもなければ歯はギザギザとがったキバのようになっており、かなり人間離れしている。それでも肉がついたかなり人間らしいものも……やっぱりゴジラは人間から生み出されたのか? そうじゃないのか? 細部を観察すればするほど思考が止まらない。

シン・ゴジラ 第5形態 雛形 ワンフェス 第2〜4形態の雛形も展示。こちらは第2形態、通称「蒲田くん」

シン・ゴジラ 第5形態 雛形 ワンフェス 目の未熟感にやっぱりときめく

シン・ゴジラ 第5形態 雛形 ワンフェス 半透明レジンを使用し、水棲生物が陸に上がったばかりの、皮膚が固まりきっていない生々しい質感を表現したという

シン・ゴジラ 第5形態 雛形 ワンフェス 第3形態。先に完成した第2形態の複製をベースにした。第2形態が急速に進化し立ち上がったばかり

シン・ゴジラ 第5形態 雛形 ワンフェス 第4形態2号雛形(着彩検討用)。第4形態1号の複製に着色を施したもの

シン・ゴジラ 第5形態 雛形 ワンフェス 本編のゴジラをイメージして竹本氏が自分で色を塗った

 同時にブースには第2、第3、第4各形態の雛型も展示されていた。制作は第2〜第5形態いずれも竹谷隆之氏。販売コーナーでは庵野秀明総監督がプロデュースした第4形態のレプリカフィギュア(キット版)が360体限定で販売され、6万円(税込)という価格にもかかわらず長蛇の列ができていた。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」