ニュース
» 2017年02月20日 15時30分 公開

写真専門誌「アサヒカメラ」 前号売り切れ続出の反響受け「損害賠償&削除要請マニュアル」特集、3月号にも再掲載

同特集が掲載された2月号は大きな反響を呼び、大手書店やネットで完売が相次いでいました。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 写真専門誌「アサヒカメラ」が2017年2月号で掲載した緊急企画、「損害賠償&削除要請マニュアル(関連記事)」を、3月号(2月20日発売)に再掲載しています。2月号の完売が相次ぐ大反響を受けての、異例の措置。


アサヒカメラ 「アサヒカメラ」2017年3月号

 「写真を無断使用する“泥棒”を追い込むための損害賠償&削除要請マニュアル」と題された、8ページの特集企画(関連記事)。まとめサイトやSNSで、自分の撮影した写真が無断転載された写真家の被害例などが掲載されています。さらに、写真の削除要請や損害賠償請求をする文書を、弁護士の監修下で例示。まとめサイト問題が注目を浴びていたこともあって反響を呼び、2月号は大手書店やネット書店で完売が続出していました。


特集 昨今のまとめサイト問題をひもときつつ、被害を受けた写真家の事例を紹介

テンプレ 転載先へ抗議する際のサンプル文も掲載

 「欲しいのに手に入れることができない」との読者の声に応えて、同誌は同じ特集の再掲載を決定。佐々木広人編集長は編集後記にて、著作権侵害への怒りの大きさを感じるとともに「行き過ぎた著作権意識が写真文化の醸成を阻むことになりかねない」と複雑な心境を表しています。

今回あらためて感じたのは、著作権を侵害する「まとめサイト」への怒りの大きさです。特にライター、イラスト、漫画などの製作者の方々からも支持されたことは、ジャンルを問わず著作権が危機にあることの表れだと感じました。

ただ、別の不安もあります。著作権が声高に叫ばれるあまり、畏縮ムードになり、本来触れられるはずの作品や論評までが共有できなく恐れがあるのです。行き過ぎた著作権意識は、かねて本誌で指摘してきた肖像権問題と同様、写真文化の醸成を阻むことになりかねません。

(編集後記より一部抜粋)


 アサヒカメラ3月号は900円(税込)で販売中。巻頭特集「桜風景の表現を極める」では、風景写真の第一人者たちが、豊富な作品と共に撮影テクニックとアイデアを披露します。なお、4月号以降では「写真と法律」をテーマにした特集を、断続的に展開すると告知されています。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」