ニュース
» 2017年02月21日 09時00分 公開

44マグナムも防ぐ“折りたたみ式防弾シールド”、米大学が開発 日本発「吉村パターン」を応用

チューハイの缶でもおなじみの、あのダイヤモンド型のパターンが採用されています。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 アメリカのブリガム・ヤング大学が、折りたたみ式の防弾シールド「origami」を開発し、YouTubeで紹介しました。アタッシェケース程度のサイズに折りたたまれたシールドは瞬時に展開し、ハンドガンの弾を防ぎます。


格納 ジャバラに手をかけて……

展開 持ち上げるだけで展開

シールド 警察官が用いる防弾シールドに

 警察など法執行機関での使用を想定して開発。素材にアルミフレームと12層のケブラー線維を採用することで、重さは55ポンド(約25キロ)と、一般的なシールドの半分程度となる軽量性を実現しています。それでいて堅牢性も保持。実験では、9ミリ弾、357マグナム弾、44マグナム弾のすべてを止めることに成功しています。


発射
着弾 銃弾を貫通させることなく、包み込むように受け止める

 折りたたみ機構には、ダイヤモンド形が連続した構造「吉村パターン」を応用しています。これは、1951年に東京大学の吉村慶丸教授が見出したもの。これを用いた円筒は横方向からの力に強く、チューハイの缶にも応用されています。


型紙 紙で作った原型。スーパーでよく見かけるあの形

モックアップ 原型を元に作られた模型。上から力をかけるだけで簡単に折りたためます

 「このシールドは警察官だけでなく、緊急事態で傷ついた人や子どもたちを保護できると信じている」と研究者はコメント。現在は当局の協力下でプロトタイプのテストを進めています。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」