ニュース
» 2017年02月20日 17時15分 公開

日経新聞「自分の考えた横山三国志コラ画像が、現実世界の広告になる」キャンペーン ネット民が得意なやつだこれ

駅看板広告などに採用される予定。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 日本経済新聞社が展開している漫画「三国志」(作・横山光輝さん)のコラ画像風広告。その吹き出しに使用されるフレーズを募集するキャンペーン「日経三国志 大喜利の乱」がスタートしました。横山三国志のコラ画像職人の皆さん、出番ですぞ!


画像 ネットユーザーが得意なやつだこれ

 日経新聞社は2016年12月ごろから、「三国志」のセリフを「弊社と御社を間違って使ってた……」(劉備)、「シェアリングエコノミーが来るぞ」(孫堅)といった経済ネタに差し替えた日経電子版の広告を展開。告知がなく突如として現れたことや、「同作のコラ画像は汎用性が高い」というネット上の定評通りシュールな仕上がりだったことから、SNSなどで注目を集めていました(関連記事)。

 「日経三国志 大喜利の乱」は簡単に説明すると「自分の考えたコラ画像が、現実世界で掲載してもらえる」キャンペーン。そのWebサイトには、吹き出しが空白になった「三国志」のコマ10種が並んでおり、「(自分の頭を殴っている)呂布が仕事中に突然発したひと言」「張遼がプレゼン中に発したひと言」などのお題で仕事、ビジネスシーンにちなんだ投稿を3月14日まで募集しています。入賞作品は駅看板広告などとして採用される予定です。


画像 「三国志」の世界観を大胆に無視した設定


画像 孟獲の妻、激おこ


画像 仕事でトラブってるのでしょうか……?

 ちなみに、現在の広告には、陸遜(劉備や関羽と戦った呉の有名武将)が、担当者の手違いで掲載できなかったというトラブルが。ぐぬぬ、これも孔明のワナやもしれぬ……。ですが、今回のキャンペーンでお題の一つになっているため、一足遅れてコラ画像がお披露目される形になりそうです。


画像 り、りくそーん!(日経三国志スペシャルサイトより)


画像 キャンペーンで出直しして、「妙に大物感のあるひと言」を放つコラ画像になる予定。"妙に"が気になる

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響