メス猫のデュエル 二次元キャラとの恋を夢見る女子たちの遊戯「あとべさまゲーム」がなるほど無限じゃねーの

公式およびキャラクターへの敬意と友人への配慮を忘れないのがポイントだよ!

» 2017年02月22日 17時51分 公開
[橘 慧ねとらぼ]

 リアルライフの恋バナに花を咲かせる女子たちに紛れ、笑顔であいづちを打ちつつ、私たちは生きています。そう、実は「そんな話より二次元キャラとの恋愛を妄想するほうが何万倍も面白いのになぁー」などと考えてしまうイケナイ我らです。

 そんな女子たちに、かなり汎用性の高い、しかしちょっぴり高度な遊戯「あとべさまゲーム」をご紹介。古くから密やかに行われてきた遊戯ではあるけれど、遊び方について分かりやすく解説した、とあるツイートのおかげでまた流行の兆しがみえてきました。

 「あとべさまゲーム」の“あとべさま”とは、「テニスの王子様」に登場するキャラクターであらせられる跡部景吾様です。基本的に「様」づけがポイントなので、ここはよくテストに出ます。

 遊び方ですが、まず他愛もないオタク女子仲間同士の楽しい会話からスタート。内容の薄さと語彙力のなさをぶつけあったところで、第一発言者は「〜〜といえばさ、この前“景吾”がね」と切り出し、あろうことか跡部様との親密さをにおわす発言を突然はさみこみます。そう、あなたは今中学生で跡部様の幼馴染。そして学園では交際を隠しているけれど、なんと恋人関係にあるという設定なのです。跡部様の彼女になりきりましょう。デュエルスタンバイ。


画像 いらすとやさんの破壊力に負けないで。ダメウーマン(夢女子)! ルールを頭にたたき込むの!

 すると周りの女子たちは、それを受けて1秒以内(なかなか厳しい)にすかさず反応。「は? 跡部“様”でしょ?」「慣れ慣れしくない? ……あんたまさか」。暗黙のルールを破った発言者に向けて、このような定型文で応戦です。

 そして、第一発言者は重い口を開き、「あ〜(苦笑)、さすがにもう隠しきれない、かあ。……うん、そうだよ。私、景吾と付き合ってる」。で、でたー。秘密の交際暴露。開戦のゴングが鳴り響く。

 ここからはお好みで「跡部様があんたみたいな庶民を相手にするわけないでしょ?」「明日から氷帝(学校名)で生きていけると思うなよ!?」とメス猫(跡部様ファンはこう呼ばれます)同士の醜い争いを演じてお楽しみください。

 付き合ってる設定の第一発言者は(こわい……っ、でも、もう隠さない。相応しいオンナになってみせる!)といったモノローグを口に出してみるとより臨場感が出て、盛り上がること間違いなし。いわゆる「夢小説(特定の登場キャラ名を読者が設定して読める小説)」をテーブルトークRPGにしたようなものだと説明すれば分かりやすいでしょうか。


画像 さらに詳しいルール。奥深い世界やでぇ

 しかしながらメス猫ファイトをどうしても避けたいの! という優しい迷える穏健派子羊のあなたは「あっ、敬語が苦手でね!?」のような苦しい言い訳をすることでスタート前の楽しい状況を復活させることも可能ですのでご安心ください。

 また、「ほら、あの、樺地くんのほうがさ(以下略)」「そうそう、忍足くんが(以下略)」など、ほかの男子キャラを話題にあげることによって、男同士の友情に焦点を当てたゲームとして別の楽しみ方もできるもよう。無限かよ……!

 しかしながら、この高度な遊戯をするためには「公式およびキャラクターへの敬意と友人への配慮を忘れないこと」が肝心。本当に友人関係が壊れてしまったら「あとべさま」に対する不敬罪です。逆にその心構えさえ守れば誰でも手軽に楽しめるのが魅力ですね。

 なるほど、「あとべさま」を他作品のキャラクターに置き換えても楽しめそうだし、これはかなり汎用性がありそう。ただし、体験者いわく、リアルガチの険悪ムードになってしまう危険性を回避するためにも「本当の推しキャラ」ではなく、あらかじめ付き合う相手を「推しとは別格の信仰対象という扱い」のキャラクターに設定するのがオススメなのだとか。たいていどの作品にも「信仰対象」と呼べる存在はいますからね。質問です、この世に魅力的な男性キャラクターは何人いますか!? かならずいる。探すの。

 ここまで読んで「これのどこが面白いんだよ」と思う人には、そう思わせておけば大丈夫! このなんとも言語化しにくい楽しく愉快なニュアンスが分かる人と大いに盛り上がればいいんじゃねーの? って、景吾が言ってた。あッ……(口元を手で押さえる)。

ツイート・画像提供:円(@5kai79)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/15/news106.jpg 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  2. /nl/articles/2405/16/news184.jpg どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  3. /nl/articles/2405/16/news185.jpg “ジョジョ婚”じゃん! 結婚報告の「岸辺露伴」高橋一生&飯豊まりえ、“連名サインの本名”に集まる驚きの声「直筆見て初めて知った」「これが正解」
  4. /nl/articles/2405/17/news026.jpg トリミングでシーズーを「ハムスターにしてください」とお願いしたら…… インパクト大の完成形に「可愛いーーー」「なんて愛おしい鼻毛カール」
  5. /nl/articles/2405/17/news019.jpg リモート会議中の“マナー違反”に共感の声が殺到 「全く同感」「マナー講師はなぜこれを教えないのか」
  6. /nl/articles/2405/16/news123.jpg “1K8畳”の新居を一人暮らし男子が模様替え→“ホテル”みたいに大変身する様子に「シャレオツ」「センスよー!」と称賛
  7. /nl/articles/2405/17/news054.jpg 「これは罠」「本当に紛らわしい」 現役清掃員が教える「保冷剤」を捨てる際の“落とし穴”が話題
  8. /nl/articles/2403/21/news104.jpg 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. /nl/articles/2405/17/news046.jpg 北陸新幹線に空のペットボトルを持って乗ると…… “あるもの”が見える実験に「知らなかった」「教科書よりわかりやすい」
  10. /nl/articles/2405/16/news194.jpg 牛丼チェーン「松屋」、深夜料金を導入 一部の店舗で
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評