ニュース
» 2017年02月24日 18時44分 公開

ブランドのGUCCIがうちわを2万8000円で販売 片仮名の「グッチ」をドーンと印刷する大胆なデザイン

前衛的ですね。

[コンタケ,ねとらぼ]

 イタリアのファッションブランドGUCCI(グッチ)が、新商品としてうちわの予約を受け付けています。グッチのうちわってどれだけおしゃれなのだろうと思いますが、想像の斜め奥に突き抜けた予想外のデザインとなっていました。


グッチ うちわ 表のデザイン


グッチ うちわ 裏のデザイン。えぇ……


グッチ うちわ 色違いもあり


グッチ うちわ

 片面にはフクロウの顔が大きく印刷されており、グッチの優雅さを感じるデザイン。注目したいのは裏面で、丸いフォントで書かれた「グッチ」の文字が白い縁取りで大きく描かれています。あえて片仮名、しかもこのフォントを選ぶところに、一流ブランドグッチの高いセンスを感じずにはいられません。あまりにハイセンス過ぎて、私たち一般庶民では到底追い付けないなと感じさせてくれます。センスが大気圏外。

 片仮名で書かれるとグッチ裕三さんのグッズにしか見えず、下に小さく書かれた「日本製 MADE IN JAPAN」が逆にシュールです。気になるお値段は、2万8080円(税込)。うちわ1つに3万円。なんというセレブ。なんというラグジュアリー。このうちわで扇いでいる人を見掛けたら、両手を合わせて拝んでしまいそうです。

 私たち一般庶民が見たら「ダッセェ! たっけぇ!」と叫んでしまいそうですが、なにせ販売しているのは世界の最先端を行くブランド・グッチです。これこそが今最も優れたデザインであり、適正価格であることは間違いありません。おしゃれの難しさを再認識させられるとともに、「別におしゃれになれなくていいか……」と潔く諦めさせてくれます。

 商品説明によると、「この製品はスペシャルパッケージでお届け」してくれるとのこと。グッチで買い物をしたことはないのでどんなパッケージなのか分かりませんが、すごそうです。グッチ裕三さんが届けてくれるのかな。

 同商品はオンライン先行予約を受付中で、3月20日〜4月14日の発送予定。色はブルーホワイトの2色が用意されています。暗くて靴が見えないところでお札に火を付けて明かりをともすタイプの方は、ぜひこのうちわで涼を取ってください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」