ニュース
» 2017年02月24日 18時44分 公開

ブランドのGUCCIがうちわを2万8000円で販売 片仮名の「グッチ」をドーンと印刷する大胆なデザイン

前衛的ですね。

[コンタケ,ねとらぼ]

 イタリアのファッションブランドGUCCI(グッチ)が、新商品としてうちわの予約を受け付けています。グッチのうちわってどれだけおしゃれなのだろうと思いますが、想像の斜め奥に突き抜けた予想外のデザインとなっていました。


グッチ うちわ 表のデザイン


グッチ うちわ 裏のデザイン。えぇ……


グッチ うちわ 色違いもあり


グッチ うちわ

 片面にはフクロウの顔が大きく印刷されており、グッチの優雅さを感じるデザイン。注目したいのは裏面で、丸いフォントで書かれた「グッチ」の文字が白い縁取りで大きく描かれています。あえて片仮名、しかもこのフォントを選ぶところに、一流ブランドグッチの高いセンスを感じずにはいられません。あまりにハイセンス過ぎて、私たち一般庶民では到底追い付けないなと感じさせてくれます。センスが大気圏外。

 片仮名で書かれるとグッチ裕三さんのグッズにしか見えず、下に小さく書かれた「日本製 MADE IN JAPAN」が逆にシュールです。気になるお値段は、2万8080円(税込)。うちわ1つに3万円。なんというセレブ。なんというラグジュアリー。このうちわで扇いでいる人を見掛けたら、両手を合わせて拝んでしまいそうです。

 私たち一般庶民が見たら「ダッセェ! たっけぇ!」と叫んでしまいそうですが、なにせ販売しているのは世界の最先端を行くブランド・グッチです。これこそが今最も優れたデザインであり、適正価格であることは間違いありません。おしゃれの難しさを再認識させられるとともに、「別におしゃれになれなくていいか……」と潔く諦めさせてくれます。

 商品説明によると、「この製品はスペシャルパッケージでお届け」してくれるとのこと。グッチで買い物をしたことはないのでどんなパッケージなのか分かりませんが、すごそうです。グッチ裕三さんが届けてくれるのかな。

 同商品はオンライン先行予約を受付中で、3月20日〜4月14日の発送予定。色はブルーホワイトの2色が用意されています。暗くて靴が見えないところでお札に火を付けて明かりをともすタイプの方は、ぜひこのうちわで涼を取ってください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」