ニュース
» 2017年02月28日 14時54分 公開

Google子会社、新型不気味ロボ「Handle」を披露 暴れ馬が2本足で駆け回るような姿に戦りつ走る

あの不気味な四足歩行ロボ「BigDog」のBoston Dynamicsが、またやってくれました。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 異様な歩き方で話題を呼んだ四足歩行ロボット「BigDog」(関連記事)。その開発元であるGoogleの子会社Boston Dynamicsが、新型「Handle」をYouTubeで披露しました。今回も多分に漏れず不気味です……というか、これ何型ロボだ?


 ベビーカーのような形態から、上体を引き起こして人型に近い姿に。しかし腕(らしきもの)を突き出した姿は、まるで暴れ馬のようです。足の車輪で縦横無尽に走り回れるのですが、どちらが背中なのか判断しにくく、前進なのかバックなのか。


起動 ヒヒーン!(言ってない)

走行 このアングルでは人型に見えますが、走行方向は右側です。「バック」と表現していいものか迷う

旋回 その場で旋回したり屈伸したり、器用に動きます

 この不思議なフォルムは、姿勢制御に貢献しているもよう。上体と腕でバランスをとり、階段を下りようが片足だけ斜面を通ろうが、転ぶことなく踏破します。また、100ポンド(約45キロ)の荷物を持ち運んだり、4フィート(約1.2メートル)のジャンプ力で障害物を跳び越えたり、かなりの芸達者。


腕 腕の先端が姿勢制御のキモらしい

斜面 片足だけ斜面を通っても……

階段 階段を下りても……

雪道 雪の斜面もへっちゃら

荷物 重い荷物もしっかりホールド

ジャンプ 障害物を華麗にクリア

ラスト スポーツもののワンシーンのようなラストカット

 基本スペックは、全高6.5フィート(約2メートル)、最大走行速度時速9マイル(約15キロ)。動力源はバッテリーで、満充電で約15マイル(24キロ)移動できます。同社は「平面で効率が良い車輪と、踏破性に優れる足の組み合わせ。Handleは両者における世界最高の性能を実現できる」と述べています。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」