ニュース
» 2017年02月28日 17時21分 公開

「ヤングチャンピオン」編集部 作者コメントのフレンズネタを「フレンドリー」に書き換えてしまう

担当者がフレンズではなかった……。

[コンタケ,ねとらぼ]

 ヤングチャンピオンで「凍牌 〜人柱篇〜」を連載中の志名坂高次さん(@sinasuzu)が、目次の作者コメントで起きた悲しい出来事をTwitterで報告しています。「続けていたよかったこと」というお題に対し「オタク。毎日がフレンズでたーのしー」と答えたところ、「オタク。毎日がフレンドリーでたーのしー」と修正されてしまったのです。フレンズネタ、担当者に通じず……!




志名坂高次 ヤングチャンピオン けものフレンズ こ、これは……


志名坂高次 ヤングチャンピオン けものフレンズ 担当者とのやりとり

 “フレンズ”は、現在放送中のテレビアニメ「けものフレンズ」視聴者のこと。ネット上で高い人気となっているタイトルで、見ているだけでIQや知能が溶かされると話題です。

 そんな“フレンズ”となった志名坂高次さんのツイートでは、担当者とのLINEでのやりとりも公開されています。担当者からお題を聞いて同氏が上記のコメントを返したところ、担当者は「ありがとうございます! 確認後ご連絡します!」と返信。

 しかし、“フレンズ”ではなかった担当者の手によって、修正が加えられてしまったもよう。これには志名坂高次さんも「このミスは悲しいぜ……これでは俺の叫びがフレンズに届かないじゃないか……」とツイート。

 この後ヤングチャンピオン公式からは、「担当者が良かれと思って修正してしまったようです……(中略)これからも、たーのしー漫画をお願いします! 」とツイートが。これからはヤングチャンピオン編集部の皆さんも“フレンズ”ですね。



画像提供:志名坂高次さん(@sinasuzu

関連キーワード

けものフレンズ | オタク | アニメ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」