ニュース
» 2017年02月28日 20時00分 公開

DMMをかたる架空請求詐欺に消費者庁が注意喚起 SMSで未払料金の支払いを要求する手口

そもそもDMMの有料サービスは前払い制。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 DMMを装った架空請求詐欺が増加していると、消費者庁が注意喚起をしています。DMMや関連会社を名乗ってSMSを送信し、有料動画サイトの未払料金の名目で金銭の支払いを要求する手口。もちろん本来のDMMとはまったく無関係です。


イメージ 詐欺手口のイメージ(消費者庁の資料より)

 偽のDMMは、名簿業者から入手したとみられる電話番号へSMSを送信。「有料コンテンツの利用料金の支払確認が取れません。本日中に連絡なき場合、訴訟手続きに移行します」といった文面で不安をあおり、相談窓口と称した番号へ電話するよう促します。また、SMSでなく、直接電話をかけてくるケースも。いずれにせよ電話でコンタクトしてしまうと、相手の思惑にはまることになります。

 消費者が電話すると、偽のDMMは「サイト利用料○万円が未払いになっています」「裁判の手続き中ですが、今日中に支払えば訴訟は取り下げます」などと虚偽の説明。消費者が身に覚えがないと反論したり、ためらうそぶりを見せたりしても「誤操作で料金が発生したと思い込ませる」「いったん払えば保険で全額返金されるとあざむく」など、言葉巧みに支払いを求めます。

 支払いに応じた消費者には、Amazonギフト券や楽天ポイントギフトカードなどを購入してシリアルナンバーを電話で伝えるよう指示。消費者がここまで応じると、今度は弁護士を名乗る者が「DMM以外のサイトにも未払い金があり、訴訟を起こされています」などと連絡し、訴訟取り下げ料金の名目で追加の支払いを求めます。応じるたびに追加請求が続き、支払い総額が100万円を超えてしまった事例も多々あるのだそうです。

 そもそもDMMの有料サービスは前払い制なので、未払料金が発生することはありえません。同庁はこれらの手口を典型的な詐欺として、相手の要求に応じないよう注意を呼びかけ。不審な取引に関わってしまった場合は、消費者生活相談窓口(188番)や警察相談専用電話(#9110番)に相談するよう案内しています。


dmm DMMも公式サイトで注意を呼びかけています


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」