ニュース
» 2017年03月07日 07時15分 公開

乳首が透けない白Tシャツ「正装白T」がたちまち完売の人気ぶり 2年の開発経緯を聞いた

ありそうでなかった発想。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 2月末に発表された、男性が素肌に着用しても乳首が透けない白色のTシャツ「正装白T」。先日、ネット販売が行われたところ、わずか30分で売り切れてしまうほどの人気を集めています。

 近年、シンプルなファッションが流行し、無地の白Tシャツを仕事用に使う人が増えている一方で、乳首の透けを気にする声が多いことから「透けない白T制作委員会」が開発したもの。耐久性やデザイン性も追求しており、職場などで着やすいよう工夫されているのだそうです。


画像


画像 乳首が透けない「正装白T」

 「正装白T」は無地の白Tシャツで、ウガンダやインド、アメリカ産のオーガニックコットンを素材に、紡績から縫製までの製造工程をすべて日本で行っています。価格は1枚9720円(税込)と決して安くはありませんが、3月3日に行われたネット販売では200着が30分間で完売。100枚以上を用意し、5日に開催された即売展示会でも一部サイズが売り切れています。乳首の悩み解決に特化するという、ありそうでなかった発想が好評を博しているもよう。

 なぜこんなコンセプトで製品開発しようと思ったのでしょうか。「透けない白T制作委員会」の代表者に話を伺ったところ、同氏自身が仕事中に白Tシャツを着用しており、「厚手のものは首周りが太く、カジュアルすぎてジャケットに合わない。かといって、首周りが程よいものを選ぶと、生地が薄くて乳首が透けてしまう」という悩みを抱えていたそうです。Facebook上でちょうどいい白Tシャツがないか質問した結果、実はそのような製品が見当たらず、他の人も同じことを考えていたことが判明。そこから「売ってないなら、自分たちで作ろうか」と、趣味のようなノリで「透けない白T制作委員会」が発足しました。

 白Tシャツにこだわりのあるメンバーが集まったものの、その製造方法に関しては素人ばかり。まずは1年間かけて自腹で工場見学などを行い、生地の縫い方や糸の作り方、綿の摘み方などの各工程を調査。現場の職人らは「白Tシャツ=下着として着るもの」「乳首が透けるのが嫌なら、他の色を着ればいい」といった認識を持っていることも分かったとか。1枚で着る人が増えていることを説明すると、むしろ驚かれたそうです。

 次の1年間は試作品を作り、洗濯で首元がダメにならないか、丈の長さはどれくらいが理想的か……と試行錯誤を行い、計2年を費やして誕生したのが、厚くザラザラした生地の「正装白T」。上から乳首が見えないのはもちろんのこと、糸を調整するなどして硬さを出すことで、乳首の形が出てしまう問題も解決しています。

 実際に手にすると、まず自分の持っている白Tシャツと手触りなどが違うことに驚き、試着後「本当だ! 透けない!」とつい笑ってしまう人が多いそうです。キャミソールや下着も透けないため購入者には女性もいます。代表者いわく「乳首のことしか考えていなかった」と、女性からの支持はあくまでうれしい誤算だったようです。

 ちなみに、こちらも製品コンセプトから外れた話ですが、白Tシャツにはわき汗のシミが目立ちにくいというメリットが。「透けない白T制作委員会」の実施したアンケート結果では、乳首の透けに次いで気にする声が多いポイントになっており、「正装白T」では上位2つの課題を一気に解決できることになります。もちろん、袖部分もしっかり長さがあるので、3番目にランクインしているわき毛のはみ出しも心配なさそう。


画像 男女315人にアンケート。乳首、わきが気になるという声が多数

 もともと数百枚しか作っていなかったため、在庫数は残りわずか。15日ごろに再びネット販売が行われる予定ですが、「(これまでの売れ行きを考えると)10分くらいで完売する」程度の量しか用意できないとのこと。「正装白T」を取り扱いたいという企業が現れており、追加生産される可能性もあるものの、その場合は秋ごろからの販売になるそうです。

コンセプトなどを紹介

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  3. がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  4. HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  5. 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  6. マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  7. ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  8. 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  9. 娘が路上で子猫を発見→近づくと、突然倒れてしまい…… 保護子猫とのかわいすぎる出会いに「感動した」の声
  10. がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい