乳首が透けない白Tシャツ「正装白T」がたちまち完売の人気ぶり 2年の開発経緯を聞いた

ありそうでなかった発想。

» 2017年03月07日 07時15分 公開
[マッハ・キショ松ねとらぼ]

 2月末に発表された、男性が素肌に着用しても乳首が透けない白色のTシャツ「正装白T」。先日、ネット販売が行われたところ、わずか30分で売り切れてしまうほどの人気を集めています。

 近年、シンプルなファッションが流行し、無地の白Tシャツを仕事用に使う人が増えている一方で、乳首の透けを気にする声が多いことから「透けない白T制作委員会」が開発したもの。耐久性やデザイン性も追求しており、職場などで着やすいよう工夫されているのだそうです。


画像


画像 乳首が透けない「正装白T」

 「正装白T」は無地の白Tシャツで、ウガンダやインド、アメリカ産のオーガニックコットンを素材に、紡績から縫製までの製造工程をすべて日本で行っています。価格は1枚9720円(税込)と決して安くはありませんが、3月3日に行われたネット販売では200着が30分間で完売。100枚以上を用意し、5日に開催された即売展示会でも一部サイズが売り切れています。乳首の悩み解決に特化するという、ありそうでなかった発想が好評を博しているもよう。

 なぜこんなコンセプトで製品開発しようと思ったのでしょうか。「透けない白T制作委員会」の代表者に話を伺ったところ、同氏自身が仕事中に白Tシャツを着用しており、「厚手のものは首周りが太く、カジュアルすぎてジャケットに合わない。かといって、首周りが程よいものを選ぶと、生地が薄くて乳首が透けてしまう」という悩みを抱えていたそうです。Facebook上でちょうどいい白Tシャツがないか質問した結果、実はそのような製品が見当たらず、他の人も同じことを考えていたことが判明。そこから「売ってないなら、自分たちで作ろうか」と、趣味のようなノリで「透けない白T制作委員会」が発足しました。

 白Tシャツにこだわりのあるメンバーが集まったものの、その製造方法に関しては素人ばかり。まずは1年間かけて自腹で工場見学などを行い、生地の縫い方や糸の作り方、綿の摘み方などの各工程を調査。現場の職人らは「白Tシャツ=下着として着るもの」「乳首が透けるのが嫌なら、他の色を着ればいい」といった認識を持っていることも分かったとか。1枚で着る人が増えていることを説明すると、むしろ驚かれたそうです。

 次の1年間は試作品を作り、洗濯で首元がダメにならないか、丈の長さはどれくらいが理想的か……と試行錯誤を行い、計2年を費やして誕生したのが、厚くザラザラした生地の「正装白T」。上から乳首が見えないのはもちろんのこと、糸を調整するなどして硬さを出すことで、乳首の形が出てしまう問題も解決しています。

 実際に手にすると、まず自分の持っている白Tシャツと手触りなどが違うことに驚き、試着後「本当だ! 透けない!」とつい笑ってしまう人が多いそうです。キャミソールや下着も透けないため購入者には女性もいます。代表者いわく「乳首のことしか考えていなかった」と、女性からの支持はあくまでうれしい誤算だったようです。

 ちなみに、こちらも製品コンセプトから外れた話ですが、白Tシャツにはわき汗のシミが目立ちにくいというメリットが。「透けない白T制作委員会」の実施したアンケート結果では、乳首の透けに次いで気にする声が多いポイントになっており、「正装白T」では上位2つの課題を一気に解決できることになります。もちろん、袖部分もしっかり長さがあるので、3番目にランクインしているわき毛のはみ出しも心配なさそう。


画像 男女315人にアンケート。乳首、わきが気になるという声が多数

 もともと数百枚しか作っていなかったため、在庫数は残りわずか。15日ごろに再びネット販売が行われる予定ですが、「(これまでの売れ行きを考えると)10分くらいで完売する」程度の量しか用意できないとのこと。「正装白T」を取り扱いたいという企業が現れており、追加生産される可能性もあるものの、その場合は秋ごろからの販売になるそうです。

動画が取得できませんでした
コンセプトなどを紹介

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/21/news116.jpg 都知事選掲示板に“ほぼ全裸”ポスターが掲出で騒動に→アイドルが懸念示す 「300万円を考えると安いものなんでしょう」「真面目に頑張りたい人が可哀想」
  2. /nl/articles/2406/21/news008.jpg 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」
  3. /nl/articles/2406/21/news019.jpg “男は餌代0円で、大量の魚を釣り上げます” 驚きの釣果と予想外な料理への変貌に「この人凄いな〜〜」「てっきりお刺身と思いきや」
  4. /nl/articles/2406/22/news028.jpg いつも遊びに来る野良猫がケガ→治療するもひどく威嚇され…… 「嫌われた」と思った翌日の光景に「涙が出ました」
  5. /nl/articles/2406/22/news026.jpg 「ファッションなんか年齢関係無く自由だろ」 80代母の“好きを着る”姿が210万表示「カッコよすぎィィィイ!」
  6. /nl/articles/2406/22/news008.jpg 家族がランチを注文する中、おばあちゃんが頼んだのは…… 自分に素直な姿が1800万再生「私もあなたのおばあちゃんみたいになりたい」【海外】
  7. /nl/articles/2406/19/news096.jpg 「エラー品ですかね?」 カッターの刃にあるはずの“あれ”がないと思ったら…… 「そういうの需要あります」「便利ですよ」
  8. /nl/articles/2406/21/news151.jpg 「読める?」 セガが“謎の暗号”で挑戦状 → フォロワーがゲームのように“攻略”して盛り上がる 「画面傾けてみて」
  9. /nl/articles/2406/20/news203.jpg もしや「これは扉?」と思い手をかけたら…… 築100年超の実家での“まさかの新発見”に「すごい!」「隠れ家みたい」 現在はどうなったか聞いてみた
  10. /nl/articles/2406/20/news177.jpg なぜ作った……? “100時間”かけて制作した「コンクリキーボード」がもはや芸術 狂気の手作業が80万再生「笑った」「バカで最高」【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」