ニュース
» 2017年03月08日 10時52分 公開

WBCキューバ戦、山田哲人の“幻のホームラン”を巡ってネット上ではデマも拡散

11対6で勝利した侍ジャパンですが、ネット上では“幻のホームラン”を巡って混乱が起きました。

[イッコウ,ねとらぼ]

 11対6で日本代表が勝利したワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の初戦。野球ファンが大いに沸いていますが、4回の山田哲人選手のホームラン性の打球がフェンス手前でキャッチされ2塁打に訂正された場面をめぐり、ネット上ではデマが拡散されるなど一部で混乱が起きました。

侍ジャパン 球場での様子


 ホームラン性の打球がキャッチされたことで、ネット上では打球をキャッチした少年へのバッシングが相次ぎ、Twitterアカウントなどが特定される騒動に発展。Twitterでは一時「クソガキ」がトレンドに入ったほか、ニセの住所や「球場に出入り禁止になった」とする真偽不明の情報が出回るなど、混乱はその後も広がりを見せています。

 また、山田哲人選手が「きっちりスタンドインさせなかった自分が悪いので、少年を責めないでください。次もスタジアムにグローブ持ってきて欲しい。今度はちゃんとホームラン打つんで」とコメントしたとする情報がTwitterで出回っていますが、最初にこのことに言及したとみられるアカウントは、この発言が創作であることを明言しています。


侍ジャパン

 試合から一夜明けた今も、打球をキャッチした少年に対し強い非難が寄せられていますが、中には「野球少年なら、ホームランが来たら普通捕る」といった少年を擁護する意見や、「子供を責めるとか大人のすることか」「どっちがクソガキだか分からん」といった過熱するバッシングを問題視する意見も出ています。

侍ジャパン

 なお、1次ラウンド初戦となったキューバ戦の平均視聴率は22.2%をマーク。毎分最高視聴率は8回ウラ1アウト、10対6で日本がリードの場面だった22時50分に25.6%を記録しています。3月8日には1次ラウンド第2戦が行わる予定でオーストラリアと対戦します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる