ニュース
» 2017年03月08日 10時52分 公開

WBCキューバ戦、山田哲人の“幻のホームラン”を巡ってネット上ではデマも拡散

11対6で勝利した侍ジャパンですが、ネット上では“幻のホームラン”を巡って混乱が起きました。

[イッコウ,ねとらぼ]

 11対6で日本代表が勝利したワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の初戦。野球ファンが大いに沸いていますが、4回の山田哲人選手のホームラン性の打球がフェンス手前でキャッチされ2塁打に訂正された場面をめぐり、ネット上ではデマが拡散されるなど一部で混乱が起きました。

侍ジャパン 球場での様子


 ホームラン性の打球がキャッチされたことで、ネット上では打球をキャッチした少年へのバッシングが相次ぎ、Twitterアカウントなどが特定される騒動に発展。Twitterでは一時「クソガキ」がトレンドに入ったほか、ニセの住所や「球場に出入り禁止になった」とする真偽不明の情報が出回るなど、混乱はその後も広がりを見せています。

 また、山田哲人選手が「きっちりスタンドインさせなかった自分が悪いので、少年を責めないでください。次もスタジアムにグローブ持ってきて欲しい。今度はちゃんとホームラン打つんで」とコメントしたとする情報がTwitterで出回っていますが、最初にこのことに言及したとみられるアカウントは、この発言が創作であることを明言しています。


侍ジャパン

 試合から一夜明けた今も、打球をキャッチした少年に対し強い非難が寄せられていますが、中には「野球少年なら、ホームランが来たら普通捕る」といった少年を擁護する意見や、「子供を責めるとか大人のすることか」「どっちがクソガキだか分からん」といった過熱するバッシングを問題視する意見も出ています。

侍ジャパン

 なお、1次ラウンド初戦となったキューバ戦の平均視聴率は22.2%をマーク。毎分最高視聴率は8回ウラ1アウト、10対6で日本がリードの場面だった22時50分に25.6%を記録しています。3月8日には1次ラウンド第2戦が行わる予定でオーストラリアと対戦します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」