ニュース
» 2017年03月09日 17時11分 公開

とある日本人夫婦のInstagramが海外で大人気に 「こんな夫婦になりたい」と大絶賛の理由は

フォロワー数は間もなく20万人を突破しそうな勢い。

[6PAC,ねとらぼ]

 とある日本人夫婦のInstagramがここ数日、アメリカやイギリス、フランス、シンガポール、台湾、ブラジルなど世界中のメディアに取り上げられ話題になっています。数日前までは7万人ほどだったフォロワー数も、現在は19万人超へと急増。2人の仲むつまじい写真には「こんな夫婦になりたい」「とてもスイート。2人ともすごいキュート」といったコメントが寄せられています。



 話題となっている「@bonpon511」は、bonさん(夫)とponさん(妻)の2人によるInstagramアカウント。ともに60代の夫婦で、おそろいのグレイヘアと、色や柄を合わせたコーディネートが特徴です。ファッションのセンスもさることながら、ときおり手をつないだり、腕を組んだり、サンタハットやつけ耳で遊んでみたりと、見ている側が思わずうらやましくなるような仲の良さ。2人の姿はたちまち「理想的な夫婦」と注目されました。


bon_ponさんのInstagram おそろいのチェック柄でそろえてみたり

bon_ponさんのInstagram 手をつないでみたり

bon_ponさんのInstagram 腕を組んでみたり

bon_ponさんのInstagram サンタハットをかぶってみたり

 2人がアカウントを立ち上げたのは昨年(2016年)の12月4日。Instagram自体はもともと使っていましたが、ファッションスナップ用のアカウントを新しく作ったのは、娘さんに勧められたのがきっかけだったそうです。

 2人にメッセージを送ったところ、快く取材に答えていただくことができました(取材に答えてくれたのはponさん)。


―― お2人のプロフィールや出会いなど、詳しくお聞かせいただけますでしょうか。

「東京の専門学校で知り合いました。bon20歳、pon19歳の時から付き合って、bon24歳、pon23歳で結婚して今まで続いています」

―― 世界中に反応が広がっていることについて、どんなお気持ちですか?

「ここ数日の間に海外からのフォロワーがものすごい勢いで増えていて、ただただ驚くばかりです。私ども夫婦の写真がこんなに話題になるなんて、想像もしていなかったので本当に驚いています」

―― Instagramを始めて変わったことはありましたか?

「たまに街を歩いていると『フォローしています』と声をかけていただくことがあり、とても照れくさいです」

―― コーディネートはお二人のどちらが考えているのでしょうか?

「その日の気分で二人で決めています」

―― コーディネートで心がけていること、こだわっていることはありますか?

「色を合わせたり、柄を合わせたり、どこかおそろいになるようにしています」




 ファッションセンスの良さはもちろんのこと、結婚してから37年が経過しても、仲良くファッションコーディネートを楽しんでいる点も注目を浴びている理由なのかもしれません。海外ユーザーからのコメントをみても「とても愛らしいカップル」「彼らの個人的なカメラマンになりたい」「オーマイガ、理想の夫婦だ。私たちも将来こうなるぞ」など好意的なコメントが並んでいます。

 ちなみにアカウント名の「511」は、2人の結婚記念日「5月11日」から。bonさん、ponさん、これからも末永くお幸せに。


bon_ponさんのInstagram アイコンにも使われている写真は、2人でミッフィー展に行った時のもの

bon_ponさんのInstagram どうか末永くお幸せに!

※画像提供:bon_ponさん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/15/news148.jpg 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  2. /nl/articles/2110/15/news016.jpg 棚の上で転がる猫、次の瞬間→飼い主「ウワァァァ!!!(驚)」 飼い主の顔面に落下した猫ちゃんの映像が衝撃的
  3. /nl/articles/2110/14/news129.jpg 福原愛の元夫・江宏傑、4歳娘のバースデーショット公開「ずっと大好きだよ」 日台からお祝いコメントが殺到
  4. /nl/articles/2110/15/news030.jpg 学ラン男が実は美少女で結婚を約束した幼なじみで妹で余命半年だった! “あるある”を詰め込みすぎたラブコメ漫画が情報量だけで笑う
  5. /nl/articles/2110/14/news111.jpg 国鉄コンテナに「住める」だとぉぉ! JR東日本が鉄道コンテナ型ハウス、マジで発売 1台297万円から
  6. /nl/articles/2110/14/news017.jpg 猫「おう、帰ったか。で、メシは?」 帰宅難民となった飼い主を迎える猫のデカイ態度に思わず笑ってしまう
  7. /nl/articles/2110/15/news142.jpg 市川海老蔵、長女・麗禾のテレビ出演を見届ける 「もう、なんか涙」と愛娘の晴れ姿にうるうる
  8. /nl/articles/2110/15/news087.jpg 「日本で一番歌が上手い愛理ヲタ」 鈴木雅之、グッズフル装備で鈴木愛理のライブに参戦する姿がめっちゃ楽しそう
  9. /nl/articles/2110/14/news012.jpg 殺処分待ちだった子犬と家族に、はじめは不安げな表情だったが…… 少しずつ笑顔を見せる元保護犬の漫画に共感集まる
  10. /nl/articles/2110/14/news068.jpg お父さんとお母さんの帰宅に喜びあふれる柴犬 かわいすぎるお出迎えに「笑顔になる」「しっぽ取れちゃいそう」

先週の総合アクセスTOP10