ニュース
» 2017年03月09日 22時34分 公開

どっちが勝つんだ……? ヒョウの親子と巨大なヘビのバトルが南アフリカで目撃される

ヘビはヒョウも捕食できるほどの大きなアフリカニシキヘビです。

[宮原れい,ねとらぼ]

 親子のヒョウと巨大なアフリカニシキヘビのバトルが、南アフリカのGreater Kruger National Park(クルーガー国立公園と周辺のプライベートリザーブ)で撮影され公開されています。これはどっちが勝つんだ……?


動画が取得できませんでした

 木の下の茂みに巨大なヘビを見つけ、注意深く見つめるヒョウの子ども。するとその後ろから現れたヒョウの母親が茂みに近づいていき、前足でひっかくようにヘビに攻撃! それにすぐさま反応したヘビの方も、大きく口を開けて母ヒョウに向かって飛び出るように反撃するなど、どちらも気の抜けない展開に。


ヒョウ ヘビ バトル VS 戦い クルーガー国立公園 思いきってアタックする母ヒョウ……!

ヒョウ ヘビ バトル VS 戦い クルーガー国立公園 ヘビの勢いのある反撃!

 その後、何度もヘビの反撃をかわしつつ、様子を見て攻撃していく母ヒョウは諦めることなく、バトルは長期戦へ。ヒョウにとって基本的に大型のアフリカニシキヘビは天敵でやっかいな存在。もしかすると、子どもが捕まる前にこちらから先に倒しておきたかったのかもしれません。

 そう思うと、勢いのあるヘビの飛び出し攻撃に驚きつつも、かまれないようにギリギリで避けて戦うお母さんヒョウがかっこよく見えてきます。危険を顧みない母の勇敢さ……!


ヒョウ ヘビ バトル VS 戦い クルーガー国立公園 ヘビの胴体をツメで攻撃していきます

ヒョウ ヘビ バトル VS 戦い クルーガー国立公園 そして反撃をギリギリで避ける……!

 動画は戦いの途中で終わっていますが、説明欄によると勝ったのはヒョウの親子。これまでもヒョウがアフリカニシキヘビを捕食する例はありましたが、その狩り方法が近くで撮影された貴重な映像となりました。

 ちなみにヒョウの子どもは母親に戦いを譲った後は、その後ろから戦い方を学ぶように見ていたということです。


ヒョウ ヘビ バトル VS 戦い クルーガー国立公園 危ない場面もスライド式ジャンプで形成を整える母ヒョウ

ヒョウ ヘビ バトル VS 戦い クルーガー国立公園 親子の勝利でした

(宮原れい)

※初掲載時、クルーガー国立公園で撮影としておりましたが、正しくはGreater Kruger National Parkでした。おわびして訂正いたします。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む