ニュース
» 2017年03月10日 21時00分 公開

ねとらぼレビュー:主人公は“日商簿記勉強中の殺し屋少女” かわいい顔して淡々と標的を始末する漫画「バイオレンスアクション」

目標に銃を突き付けながらお勉強。「イカレてる……」「人をそういうふうに言うのはよくない!」

[コンタケ,ねとらぼ]

 本日3月10日、「やわらかスピリッツ」(小学館)で連載中の漫画「バイオレンスアクション」(漫画:浅井蓮次 原作:沢田新)の単行本1巻が発売となります。殺し屋を営む1人の少女が淡々と、そしてひょうひょうと標的を始末していく物語で、同サイトのアクセス数1位となっています。




バイオレンスアクション やわらかスピリッツ 浅井蓮次 沢田新 「バイオレンスアクション」。右手にドリンク左手にスマホ……じゃなくて拳銃

 主人公の菊野 渓(きくのけい/以下「ケイ」)は、一見どこにでもいる普通の女の子。しかしその実態は、デリヘルを隠れみのにした凄腕の殺し屋だったのです。


バイオレンスアクション やわらかスピリッツ 浅井蓮次 沢田新 “仕事”中のケイ。こんな光景にも慣れた様子

 1話冒頭、ケイが瀕死(ひんし)の重傷を負った男の写真を撮影するシーンから話は始まります。依頼主からの要望で標的が“苦しんでいるところ”を撮影するためなのですが、

標的「チェキ撮ってんじゃねぇよ」
ケイ「えっ。苦しんでいるところを撮ってきてほしいって……。もうちょっといてーって風にしてほしい」
(中略)

標的「わかったよ。撮ったらもう……スパっと終わりにしてくれ」
ケイ「はい! もう少しこう……この世の終わりみたく。はい。そのままで」
パシャッ ジー……

 と、開幕から「おお、この女の子は頭にネジの代わりにナイフや銃弾が詰まってそうだな」と感じさせてくれます。


バイオレンスアクション やわらかスピリッツ 浅井蓮次 沢田新 瀕死の標的を撮影するケイ。明るく話しかけるところが逆に怖い

 「ケイ」は常時この調子で、

  • 数人殺害した後に家族への復讐(ふくしゅう)を果たした依頼主を笑顔で送り迎える
  • 追い詰めた標的をすぐ殺すわけにいかなくなったため目の前で勉強を始める(さらに気を紛らわそうと勉強を教えてくれた標的を「先生」と呼ぶ)
  • 自分にけがを追わせた暴力団の大男相手に「慣れました」と正面から接近して瞬殺

 などなど、“サクッとした殺し”がてんこ盛り。殺すことに対する意識の低さが異常で、標的が淡々と死んでいく様は爽快ながら恐怖を感じます。ああ、今日もまた標的が気付いたら死んでいる……。


バイオレンスアクション やわらかスピリッツ 浅井蓮次 沢田新 また気付いたら死んでる……

 そんな「ケイ」の日常は、一見至って普通の女の子。日商簿記検定2級の取得を目指して勉強し、学校帰りにラーメン屋に立ち寄り、家では友人と鍋パーティーをして過ごす。どこからどうみても普通の女の子。“仕事”中にすら勉強を始めたり、実はアジトになっているラーメン屋に銃や死体が転がったりしていなければ、ですが。


バイオレンスアクション やわらかスピリッツ 浅井蓮次 沢田新バイオレンスアクション やわらかスピリッツ 浅井蓮次 沢田新 “仕事”中に勉強を始めるところ(左)とアジトのラーメン屋を訪れたところ(右)。ケイの日常は常人の非日常である

 平和で普通な日常と、血に塗れた殺し屋の非日常。全く異なる生活を、全く同じような態度で過ごすギャップがあるんだかないんだかよく分からないケイの日々も、同作の魅力の1つかと思います。


バイオレンスアクション やわらかスピリッツ 浅井蓮次 沢田新 普通の学生らしい一面も

 そして同作には、もう1人ケイと同じくらいイカレたキャラが登場します。それがケイにほれてしまった普通の学生、渡辺君。


バイオレンスアクション やわらかスピリッツ 浅井蓮次 沢田新 初登場時は至って普通だった渡辺君。しかし不幸にも(?)イカレた素質を持っており……

 もともとケイに気があったようですが、いろいろあって殺し屋であることを知ってしまいます。大男を殺害するケイの姿を見た渡辺君は、その時思ったのです。

 ――好きだ……。


バイオレンスアクション やわらかスピリッツ 浅井蓮次 沢田新 なんでやねん

 そのままアジトのラーメン屋でバイトを始め、仲間に加わっててしまいます。小心者ながら、いい感じに根のイカレた男でした。今後何回も死にかけるんだろうなぁと優しい気持ちになりましたが、最終話まで死なないことを切に願いたくなるナイスキャラです。頑張れ、渡辺君。

 かわいいけれど、それ以上に怖い。まさに「バイオレンスアクション」に満ちた同作は、サクっと読んで爽快な気分になれる1作です。

(C)浅井蓮次・沢田 新/やわらかスピリッツ/小学館

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」