ニュース
» 2017年03月10日 21時00分 公開

主人公は“日商簿記勉強中の殺し屋少女” かわいい顔して淡々と標的を始末する漫画「バイオレンスアクション」ねとらぼレビュー

目標に銃を突き付けながらお勉強。「イカレてる……」「人をそういうふうに言うのはよくない!」

[コンタケ,ねとらぼ]

 本日3月10日、「やわらかスピリッツ」(小学館)で連載中の漫画「バイオレンスアクション」(漫画:浅井蓮次 原作:沢田新)の単行本1巻が発売となります。殺し屋を営む1人の少女が淡々と、そしてひょうひょうと標的を始末していく物語で、同サイトのアクセス数1位となっています。




バイオレンスアクション やわらかスピリッツ 浅井蓮次 沢田新 「バイオレンスアクション」。右手にドリンク左手にスマホ……じゃなくて拳銃

 主人公の菊野 渓(きくのけい/以下「ケイ」)は、一見どこにでもいる普通の女の子。しかしその実態は、デリヘルを隠れみのにした凄腕の殺し屋だったのです。


バイオレンスアクション やわらかスピリッツ 浅井蓮次 沢田新 “仕事”中のケイ。こんな光景にも慣れた様子

 1話冒頭、ケイが瀕死(ひんし)の重傷を負った男の写真を撮影するシーンから話は始まります。依頼主からの要望で標的が“苦しんでいるところ”を撮影するためなのですが、

標的「チェキ撮ってんじゃねぇよ」
ケイ「えっ。苦しんでいるところを撮ってきてほしいって……。もうちょっといてーって風にしてほしい」
(中略)

標的「わかったよ。撮ったらもう……スパっと終わりにしてくれ」
ケイ「はい! もう少しこう……この世の終わりみたく。はい。そのままで」
パシャッ ジー……

 と、開幕から「おお、この女の子は頭にネジの代わりにナイフや銃弾が詰まってそうだな」と感じさせてくれます。


バイオレンスアクション やわらかスピリッツ 浅井蓮次 沢田新 瀕死の標的を撮影するケイ。明るく話しかけるところが逆に怖い

 「ケイ」は常時この調子で、

  • 数人殺害した後に家族への復讐(ふくしゅう)を果たした依頼主を笑顔で送り迎える
  • 追い詰めた標的をすぐ殺すわけにいかなくなったため目の前で勉強を始める(さらに気を紛らわそうと勉強を教えてくれた標的を「先生」と呼ぶ)
  • 自分にけがを追わせた暴力団の大男相手に「慣れました」と正面から接近して瞬殺

 などなど、“サクッとした殺し”がてんこ盛り。殺すことに対する意識の低さが異常で、標的が淡々と死んでいく様は爽快ながら恐怖を感じます。ああ、今日もまた標的が気付いたら死んでいる……。


バイオレンスアクション やわらかスピリッツ 浅井蓮次 沢田新 また気付いたら死んでる……

 そんな「ケイ」の日常は、一見至って普通の女の子。日商簿記検定2級の取得を目指して勉強し、学校帰りにラーメン屋に立ち寄り、家では友人と鍋パーティーをして過ごす。どこからどうみても普通の女の子。“仕事”中にすら勉強を始めたり、実はアジトになっているラーメン屋に銃や死体が転がったりしていなければ、ですが。


バイオレンスアクション やわらかスピリッツ 浅井蓮次 沢田新バイオレンスアクション やわらかスピリッツ 浅井蓮次 沢田新 “仕事”中に勉強を始めるところ(左)とアジトのラーメン屋を訪れたところ(右)。ケイの日常は常人の非日常である

 平和で普通な日常と、血に塗れた殺し屋の非日常。全く異なる生活を、全く同じような態度で過ごすギャップがあるんだかないんだかよく分からないケイの日々も、同作の魅力の1つかと思います。


バイオレンスアクション やわらかスピリッツ 浅井蓮次 沢田新 普通の学生らしい一面も

 そして同作には、もう1人ケイと同じくらいイカレたキャラが登場します。それがケイにほれてしまった普通の学生、渡辺君。


バイオレンスアクション やわらかスピリッツ 浅井蓮次 沢田新 初登場時は至って普通だった渡辺君。しかし不幸にも(?)イカレた素質を持っており……

 もともとケイに気があったようですが、いろいろあって殺し屋であることを知ってしまいます。大男を殺害するケイの姿を見た渡辺君は、その時思ったのです。

 ――好きだ……。


バイオレンスアクション やわらかスピリッツ 浅井蓮次 沢田新 なんでやねん

 そのままアジトのラーメン屋でバイトを始め、仲間に加わっててしまいます。小心者ながら、いい感じに根のイカレた男でした。今後何回も死にかけるんだろうなぁと優しい気持ちになりましたが、最終話まで死なないことを切に願いたくなるナイスキャラです。頑張れ、渡辺君。

 かわいいけれど、それ以上に怖い。まさに「バイオレンスアクション」に満ちた同作は、サクっと読んで爽快な気分になれる1作です。

(C)浅井蓮次・沢田 新/やわらかスピリッツ/小学館

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  6. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  7. /nl/articles/2205/28/news071.jpg 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  8. /nl/articles/2107/14/news145.jpg 安田美沙子、4歳長男&1歳次男を乗せた電動自転車が転倒 居合わせた通行人に助けられる「ほんとに、ほんとに救われました」
  9. /nl/articles/2205/28/news065.jpg 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  10. /nl/articles/2205/27/news090.jpg “良いテーマパークなのに人がいない”と話題の「志摩スペイン村」に行ってみたレポ漫画が楽しそう 「待たずに乗れる」「キャストのファンサがすごい」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響