ニュース
» 2017年03月10日 21時00分 公開

主人公は“日商簿記勉強中の殺し屋少女” かわいい顔して淡々と標的を始末する漫画「バイオレンスアクション」ねとらぼレビュー

目標に銃を突き付けながらお勉強。「イカレてる……」「人をそういうふうに言うのはよくない!」

[コンタケ,ねとらぼ]

 本日3月10日、「やわらかスピリッツ」(小学館)で連載中の漫画「バイオレンスアクション」(漫画:浅井蓮次 原作:沢田新)の単行本1巻が発売となります。殺し屋を営む1人の少女が淡々と、そしてひょうひょうと標的を始末していく物語で、同サイトのアクセス数1位となっています。




バイオレンスアクション やわらかスピリッツ 浅井蓮次 沢田新 「バイオレンスアクション」。右手にドリンク左手にスマホ……じゃなくて拳銃

 主人公の菊野 渓(きくのけい/以下「ケイ」)は、一見どこにでもいる普通の女の子。しかしその実態は、デリヘルを隠れみのにした凄腕の殺し屋だったのです。


バイオレンスアクション やわらかスピリッツ 浅井蓮次 沢田新 “仕事”中のケイ。こんな光景にも慣れた様子

 1話冒頭、ケイが瀕死(ひんし)の重傷を負った男の写真を撮影するシーンから話は始まります。依頼主からの要望で標的が“苦しんでいるところ”を撮影するためなのですが、

標的「チェキ撮ってんじゃねぇよ」
ケイ「えっ。苦しんでいるところを撮ってきてほしいって……。もうちょっといてーって風にしてほしい」
(中略)

標的「わかったよ。撮ったらもう……スパっと終わりにしてくれ」
ケイ「はい! もう少しこう……この世の終わりみたく。はい。そのままで」
パシャッ ジー……

 と、開幕から「おお、この女の子は頭にネジの代わりにナイフや銃弾が詰まってそうだな」と感じさせてくれます。


バイオレンスアクション やわらかスピリッツ 浅井蓮次 沢田新 瀕死の標的を撮影するケイ。明るく話しかけるところが逆に怖い

 「ケイ」は常時この調子で、

  • 数人殺害した後に家族への復讐(ふくしゅう)を果たした依頼主を笑顔で送り迎える
  • 追い詰めた標的をすぐ殺すわけにいかなくなったため目の前で勉強を始める(さらに気を紛らわそうと勉強を教えてくれた標的を「先生」と呼ぶ)
  • 自分にけがを追わせた暴力団の大男相手に「慣れました」と正面から接近して瞬殺

 などなど、“サクッとした殺し”がてんこ盛り。殺すことに対する意識の低さが異常で、標的が淡々と死んでいく様は爽快ながら恐怖を感じます。ああ、今日もまた標的が気付いたら死んでいる……。


バイオレンスアクション やわらかスピリッツ 浅井蓮次 沢田新 また気付いたら死んでる……

 そんな「ケイ」の日常は、一見至って普通の女の子。日商簿記検定2級の取得を目指して勉強し、学校帰りにラーメン屋に立ち寄り、家では友人と鍋パーティーをして過ごす。どこからどうみても普通の女の子。“仕事”中にすら勉強を始めたり、実はアジトになっているラーメン屋に銃や死体が転がったりしていなければ、ですが。


バイオレンスアクション やわらかスピリッツ 浅井蓮次 沢田新バイオレンスアクション やわらかスピリッツ 浅井蓮次 沢田新 “仕事”中に勉強を始めるところ(左)とアジトのラーメン屋を訪れたところ(右)。ケイの日常は常人の非日常である

 平和で普通な日常と、血に塗れた殺し屋の非日常。全く異なる生活を、全く同じような態度で過ごすギャップがあるんだかないんだかよく分からないケイの日々も、同作の魅力の1つかと思います。


バイオレンスアクション やわらかスピリッツ 浅井蓮次 沢田新 普通の学生らしい一面も

 そして同作には、もう1人ケイと同じくらいイカレたキャラが登場します。それがケイにほれてしまった普通の学生、渡辺君。


バイオレンスアクション やわらかスピリッツ 浅井蓮次 沢田新 初登場時は至って普通だった渡辺君。しかし不幸にも(?)イカレた素質を持っており……

 もともとケイに気があったようですが、いろいろあって殺し屋であることを知ってしまいます。大男を殺害するケイの姿を見た渡辺君は、その時思ったのです。

 ――好きだ……。


バイオレンスアクション やわらかスピリッツ 浅井蓮次 沢田新 なんでやねん

 そのままアジトのラーメン屋でバイトを始め、仲間に加わっててしまいます。小心者ながら、いい感じに根のイカレた男でした。今後何回も死にかけるんだろうなぁと優しい気持ちになりましたが、最終話まで死なないことを切に願いたくなるナイスキャラです。頑張れ、渡辺君。

 かわいいけれど、それ以上に怖い。まさに「バイオレンスアクション」に満ちた同作は、サクっと読んで爽快な気分になれる1作です。

(C)浅井蓮次・沢田 新/やわらかスピリッツ/小学館

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/19/news020.jpg 保護された野良の老犬、最初は怯えていたが…… 飼い主に子犬のように甘える姿に涙があふれる
  2. /nl/articles/2109/19/news008.jpg 猫「絶対許さニャい……(怒)」 お尻を洗われたことを根に持つ猫の表情に「めっちゃ怒ってる」「猫の執念ですね…」の声
  3. /nl/articles/2109/19/news033.jpg DAIGOと姉の影木栄貴、大おじ・竹下亘衆院議員の死を悼む 「たくさん遊んでくれる大好きなおじちゃんでした」
  4. /nl/articles/2109/19/news041.jpg 家でポン・デ・リングを作ったら悲劇が…… まさかの姿に変身したドーナツに「一連の流れで爆笑した」「エンターテイナー」
  5. /nl/articles/2109/19/news042.jpg 「大変なことになってる」「何があったの」 アレクサンダー、身動き取れない“痛々しい姿”に心配の声
  6. /nl/articles/2109/18/news007.jpg 「1カ月だけ死ぬのを延ばしてくれねーか?」 首吊り少女の前に現れた“自殺を止める死神”の漫画があたたかい
  7. /nl/articles/2107/07/news017.jpg 近所をさまよっていた犬を一時保護→3日後…… 先住犬が困惑するほどの大胆な姿に「安心したんでしょうね」の声
  8. /nl/articles/2109/18/news048.jpg 想像以上にやばい 武田久美子、バスタブでまさかの“大クラッシュ”「あちこち切れてしまいました。。」
  9. /nl/articles/2109/18/news052.jpg 「かなりヤバい」 ROLAND、イタリアンレストラン開店初日から「料理1時間待ち」「オーダーミス」など“アクシデント連発”に焦り隠せず
  10. /nl/articles/2109/18/news004.jpg ぬいぐるみを抱きしめて眠る子猫 “ぎゅっ”とする姿がたまらなくかわいい

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」