ニュース
» 2017年03月10日 17時00分 公開

ウルトラセブンとエレキングを勇壮な“ねぶた”に 青森ねぶた祭に向けてクラウドファンディング中

実現したら、きっと映える。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「ウルトラセブン」と人気怪獣「エレキング」のねぶたを作り、「青森ねぶた祭2017」に出陣させる計画が進められています。現在クラウドファンディングサイトのCAMPFIREで出資を募集中。


イメージ

 プロジェクトのために結成された「青森ねぶたウルトラノ会(「会」は旧字)」が、円谷プロ公認の下に主導。ねぶた祭の迫力がウルトラマンシリーズにふさわしいこと、怪獣や宇宙人のデザインを多数手がけた成田享氏が青森出身であることから計画は始まりました。そして放送開始50周年を迎えたことを記念して、ウルトラセブンがモチーフに選ばれています。


エレキング モチーフとなるウルトラセブンとエレキング

 製作を予定しているのは、「前ねぶた」と呼ばれる小型のねぶた。製作費及び諸経費として必要な400万円の資金を集めるのが、クラウドファンディングの目的です。


設置イメージ 前ねぶたとは、メインのねぶたが登場する前に、露払いとして運行するものを指します

 支援は1口4000円から。出資者には金額に応じて、きんちゃくやうちわ、前掛けといった怪獣グッズが返礼品として送られます。


リターン 魅力的な返礼品を豊富に用意

会員証 4000円の出資で、感謝状と会員証

Tシャツ 1万5000円で、Tシャツなどがプラス

リンゴ 3万円の出資で、青森産リンゴ5キロと前掛けがプラス。ほかにも、15万円で青森ねぶた祭ペア宿泊券、20万円でねぶたの提灯に名前が入るなど

(C)円谷プロ

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」