ニュース
» 2017年03月11日 20時30分 公開

「米はぜ」に「パットライス」? 「ポン菓子」の名称、あなたの地方ではなんと呼ぶ?

ポン菓子の発祥国はアメリカです。

[Kikka,ねとらぼ]

 駄菓子の定番「ポン菓子」。その名称が地方によって全然違うとTwitterで話題になっています。いったいどんな名称が存在するのか、ポン菓子メーカーを取材しました。


ポン菓子 ポン菓子(家田製菓公式サイトより)

 「ポン菓子」といえば、お米などの穀物に圧力をかけて一気に開放することによってふくらませるお菓子。圧力を開放する際に「ポン(ドン)!」という大きな破裂音が鳴ることでも知られています。

 そんな「ポン菓子」ですが、実は地方や地域によって呼び名が大きく異なるとのこと。一体どんな名称があるのか、愛知県のポン菓子メーカー「家田製菓」にお話を聞きました。


ポン菓子 家田製菓の「こめポン」(家田製菓公式サイトより)

 取材に応じてくれた担当者は、「地域によって呼び名が違うことは把握している」話し、家田製菓のある愛知県知多郡では、米が爆(は)ぜるが語源の「米はぜ」と呼ばれていると教えてくれました。

 またこのほかにも編集部が調べたところによると、北海道では「ドンがし」や「ドンまめ」、福井では「米はじき」、群馬や長野などでは「とっかん」、静岡では「はざし」や「はがし」、愛知では「パッカン」、神奈川では「爆弾」、高知では「パットライス」と呼んでいる場合もあるということが分かりました。

 なぜこのように名称が分かれているのかは不明ですが、ほとんどはポン菓子が作られる過程の音や状況からネーミングされているとみられます。唯一毛色の違う「パットライス」に関しては、ポン菓子の発祥国・アメリカでの名称「パフライス」の派生ともいわれているようです。

 このほかに、うまい棒でおなじみの「やおきん」が販売する「ポップライスにんじん」の商品名から生まれたとみられる「にんじん」という名称で親しんでいる人もいるようです。


ポン菓子 やおきんの「にんじん」(やおきん公式サイトより)

 「やおきん」によると、商品名は野菜のにんじんに似た形状のパッケージに由来しており、こうしたパッケージを採用するメーカーは全国的に減少してきているのだそうです。担当者に「結局なんと呼べばいいんですかね」と聞いたところ「特に名前にこだわりはないが、とりあえず『にんじん』を買ってください」とのことでした。

 さまざまな名前で親しまれている「ポン菓子」、あなたの地域では何と呼んでいますか?

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙